第一のキャラ変、不思議ちゃんキャラ

 連ドラ初ヒロイン作『神様、もう少しだけ』は、最終回に視聴率28.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を叩き出し、彼女の代表作となった。演じたのは、援助交際でHIVウイルスに感染してしまう女子高生。茶髪で膝上丈の制服に身を包んだ姿は、今風に言うなら“パパ活JK”、当時風に言うなら“エンコー・コギャル”と言ったところ。彼女が醸し出すギャル感はガングロギャルやヤマンバのように突き抜けてはいなかったが、その中途半端さが逆にリアルで、妙な生々しさがあったのを覚えている。

 深田恭子は、“等身大のギャル系キャラ”を演じられる新進気鋭女優として、世に名前が広く知られていった。そして、そのイメージを払拭しきれないまま次のヒット作を出せずにいた。

 しかし、期せずして深田恭子はキャラ変に成功することになる。

 バラエティ番組や情報番組などへの出演で、次第に素の深田恭子の天然さ、どこか抜けている性格がフィーチャーされるようになっていったのだ。そして2004年公開の映画『下妻物語』で、奇抜なロリータファッションをこよなく愛す主人公を見事に好演したことで、“天然・不思議ちゃんキャラ”を確立した。

 『下妻物語』後には、『富豪刑事』で浮世離れした天然ボケの金持ち刑事役で主演をつとめ、『未来講師めぐる』(テレビ朝日系/2008年)でも、おっとりしていてどこか抜けている塾講師役を演じた。