「東山さん本人は、『コレが結構子どもたちにウケがいいのよ。やっぱりパパがいまどきの人気者と絡んでると嬉しいみたい』と、現場で終始ご機嫌でした。打ち合せ段階でもあちらから『なんか言っちゃいけないワードとかあります?』と気を遣って訊いてくれますし。実は硬いイメージが強くて、あんまりサービストークはしてくれないんじゃないかと心配もしていたのですけれど、杞憂に終わった感じです」

 そう話すのは、民放テレビ局のバラエティ番組スタッフだ。11月後半から、「少年隊」東山紀之(54)がバラエティ番組に出まくっている。


東山紀之(Johnny's netより)

「VS嵐」(11月26日・フジテレビ系)や「ザ!鉄腕!DASH!!」(11月29日・日本テレビ系)などジャニーズ番組を始め、「人生最高レストラン」(12月6日・TBS系)では思い出の飲食店を紹介し、「ザ!世界仰天ニュース」(12月8日・日本テレビ系)では退所後の中居正広と初共演も果たした。「おしゃれイズム」(12月20日・日本テレビ系)では娘たちが「鬼滅の刃」にハマっている様子を明かし、「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(12月15日・フジテレビ系)では、吉本芸人たちに東山ダンス教室と称して踊りのレッスンをするなど、まさに「バラエティモード」に突入しているのだ。

「バラエティ出演は、1月8日に公開される東山の主演映画、『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のPR付きが“条件”にはなっていますが、実はジャニーズ事務所から『東山どうですか』と各局に売り込みが激しくなったのは、わりと最近なんです」(同前)

相次ぐ退所...「少年隊」錦織一清と植草克秀も

 2020年、コロナ禍のジャニーズは波乱の一年だった。

「嵐」のラストイヤーとしてスタートした今年。3月末で元「SMAP」の中居正広が退所し、個人事務所「のんびりなかい」を立ち上げ独立。6月には手越祐也が「NEWS」からの脱退と退所を発表し、山下智久は10月末で退所した。このふたりはコロナ期間の飲み歩きや未成年との交際報道により活動自粛期間を経ての退所だった。

 7月には、「TOKIO」長瀬智也が、来年3月いっぱいでの退所を発表。そして9月20日には、東山と35年間「少年隊」を組んできた錦織一清と植草克秀が年内退所を発表した。