新型コロナウイルスが猛威をふるった2020年の終わり、12月30日に元SMAPの草彅剛(46)が一般女性との結婚を発表した。

 草彅は所属事務所を通じて「これからも、今までと変わらぬスタンスで仕事を続けていきたいと思っておりますので、皆様にも応援していただけるよう、日々精進してまいります」などとコメントを発表し、多くのファンが祝福した。


草彅剛 ©文藝春秋

一番大変な時期を支えてきた女性とゴールイン

 相手女性は、2016年に「女性セブン」(7月14日号)で交際が報じられた30代後半の女性だ。黒いロングヘアにスラリとした美脚の持ち主で、2人は4年半の交際を実らせた。

「交際をスタートさせた当時、草彅はSMAP分裂騒動の真っ最中でした。その年の1月に明らかになったSMAPの独立計画がご破算になって、デビュー以来苦楽を共にしてきた女性マネジャーがジャニーズ事務所を退社。SMAP解散を巡って、契約についてハードな交渉が続いていました。結局SMAPは、その年いっぱいで解散。翌年9月に草彅は稲垣吾郎(47)、香取慎吾(43)とともにジャニーズを退所しました。そんな一番大変な時期を支えてきた女性とゴールインしたのだから、本当によかった」(スポーツ紙芸能デスク)

 この慶事に元SMAPたちは足並みを揃え、祝福した。まず反応したのが、草彅と一緒にジャニーズを退所して、新プロジェクト「新しい地図」を発足させた稲垣吾郎と香取慎吾だ。

「これからも良き仲間として、ファンの皆さまと共に、夢をかなえていきましょう」(稲垣)

「つよポン、おめでとう! びっくりぽん! まだまだこれから、一笑懸命がんばりましょう!」(香取)

中居らしくシャレを効かせて

 昨年3月にジャニーズ事務所を退所した中居正広(48)は個人事務所「のんびりなかい」を通じてコメントを発表した。

「信じられない…。はぁ…。
 アイツに剛に先を越されるとは…。はぁ…。
 わざわざコメントですか…。
 せいぜい逃げられないように!
 女房ができるんですね…。
 なんてこった…、ちくしょう!」

 一読すると素っ気ないものだが、各行の最初の文字が「しあわせにな」となっており、中居らしくシャレを効かせて祝福している。

 元SMAPのメンバーで唯一、ジャニーズ事務所に残っている木村拓哉(48)もコメントをしている。

「めでたい! めでたい! めでたい!」

 最初の「めでたい」は草彅本人へ、2つ目は結婚相手へ、3つ目はいずれ授かる子供へ向けてという意味が込められているという。