2020年1月に掲載された『 年間250泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館」(2019年1月〜4月編) 』の冒頭で「2020年は東京オリンピックイヤー。訪日外国人旅行者はますます増加している」と書いた。それから1年、東京オリンピックが延期され、訪日外国人旅行者は皆無に近い状況になるとは誰が想像しただろう。

 確かに筆者はインバウンドが活況であった2017年頃より、インバウンドは“水物”であり、経済・環境問題をはじめコントロールできない要因で、一気に消失する可能性もあると警鐘を鳴らしてきたが、とはいえ“疫病”という事態は想定すらできなかった。

 そもそも2019年版タイトルの「年間250泊する」という表現についても、2020年でいえばほど遠いものとなった。ちなみに2019年は270泊近かったが、2020年は特に3月下旬から7月初旬については、コロナ禍の現場取材的な宿泊を除いてはほぼ皆無。GoToトラベルが巷間を席巻した夏以降は例年以上のペースになったものの(とはいえGoToトラベル利用はプライベート利用の3ホテルのみ)220泊程度に留まった。

 この記事は2020年を振り返る内容ゆえ、ネガティブな導入になったことはある意味当然かもしれないが、“泊まってよかったホテルや旅館”というテーマにして、ここからはポジティブな切り口で書き進めたいと思う。なお、各ホテルのコロナ対策等、コロナ禍関連の情報は流動的でもあり割愛した。各ホテルの公式サイトなどでご確認いただきたい。

 今回も「1月〜4月編(13施設)」、「 5月〜8月編」(16施設) 」、「 9月〜12月編(21施設) 」と3回に分けて紹介する。では1月から始めてみよう。

■01月07日(火)豪華カプセルホテル 安心お宿プレミア名古屋栄店(名古屋市中区)

https://www.anshin-oyado.jp/nagoya/


 

 2019年12月に名古屋の繁華街・錦に開業したばかりのカプセルホテル。今回はカプセルホテルにして、寝るスペース以外にプライベート空間が確保されているプレミアルームへ。大きな全面窓からは雨に濡れた錦の通りが艶やかに望める。

 もちろんカプセルホテルなのでドアはないが、仕切りの分厚いカーテンが防音効果高く、なかなか優れもの。発汗しまくりの素敵なサウナにチラー装置びんびんの水風呂は本当にリフレッシュできる。