俳優の綿引勝彦さんが75年の生涯にそっと幕を下ろしていたことが、1月13日に明らかになった。昨年12月30日、膵臓がんのために都内の病院で亡くなり、葬儀は近親者のみで執り行われたという。

 綿引さんの最近の様子について、妻で女優の樫山文枝(79)が発表したコメントの中で明かしている。


亡くなられた綿引勝彦さん(右)。「天までとどけ」では岡江久美子さん(左)と夫婦役だった ©文藝春秋/時事通信社

「足かけ三年の療養でしたが、『どなたにも病気のことは、言わないでほしい』と本人の強い意志で突然の報告となったことをお詫びいたします。家と信州の山小屋で息抜きしながら花を植えたり好きな将棋をしながら過ごしてまいりました。(略)夢うつつの中で、将棋を指していたのでしょうか、『投了すると伝えてくれ』とつぶやいたのですが、これで人生を投了するということでもあったのでしょうか。最期は眠るように逝きました」

 綿引さんは、2018年8月に膵臓内の嚢胞を取り除く手術を受けた際にがんが見つかり、19年12月に肺への転移が確認されたため、昨年2月から本格的な化学療法を始めていた。

 しかし、寛解に至らず11月に治療を打ち切り、自宅で静養を続けていた。12月25日未明に容態が急変し再入院すると、最期はそのまま入院先で息を引き取ったという。

「オマエ!」芝居に厳しかった綿引さん

 東京都出身の綿引さんは日本大学芸術学部中退後、65年に劇団民藝に入団。85年に退団後は劇団「綿帽子」を主宰。テレビ時代劇「鬼平犯科帳」やドラマ「ナニワ金融道」シリーズ、映画「極道の妻たち」シリーズなど独特の風貌でヤクザ、悪人、刑事といったコワモテ役で存在感を示した。

 綿引さんは実力主義の劇団民藝出身ということもあり、芝居には厳しかった。ある作品の撮影現場での出来事を、芸能プロ関係者が明かす。