2000年代、『爆笑オンエアバトル』で無敵の強さを誇ったタイムマシーン3号。ますだおかだに次いで、番組史上2組目の満点をたたき出し、12年の第2回『オンバト+チャンピオン大会』では優勝。『M-1グランプリ』でも05年と15年に決勝進出を果たし、15年は4位と結果を残す。さらに16年には『キングオブコント』決勝進出を果たし、4位入賞。経歴だけ見れば、まさにお笑いエリートだ。

 その一方で、爆発的なブレイクをしたかと聞かれると、そこには疑問符がつく。だからといって、いわゆる「一発屋芸人」のようにテレビの世界から消えてもいない。00年のデビューから20年間、タイムマシーン3号は、華々しいスポットライトを浴びるわけではないが、いつだってお笑い界に“いる”のだ。その秘訣はなんなのだろうか?(全2回の1回目/ 後編 を読む)


タイムマシーン3号、山本浩司(左)と関太(右)

◆◆◆

お客さんウケはいいけど、玄人ウケは…

――お2人は賞レースで結果も残していて、テレビでの出演数も多いです。でも「ブレイクした」という表現とは少し違うような気がしていて。失礼を承知で単刀直入に伺いたいんですが、その理由はどこにあるんでしょうか?

2人 それは僕らが聞きたいですよ…(笑)。

山本 まあ正直いうと僕らはお客さんのウケはいいんですが、芸人さんウケ、いわゆる玄人ウケがよくないんですよね。(同じ事務所の)有吉さんからはよく「お前らは芸人に一切、おもしろいと思われてないもんな」ってイジられてますよ。

関 「個性がない」っていうのもよく言われますね。基本的にその場その場で合わせにいくので、「感情がのってない」とか「本質が見えない」とか。

山本 「お前らのホントはどこなんだ!」みたいなことをよくトム・ブラウンのみちおに言われます。逆に「お前は個性出しすぎだろ」って思いましたけど(笑)。

――個性…難しいところですね。確かにそういわれると、関さんのデブキャラぐらいしか思いつかないかもしれません。

バットを短く持つ安打製造機タイプに

山本 そもそも僕らのルーツって『オンバト』なんですよ。オンエアされるためにはお客さんにウケなきゃいけない。となると、自分たちが「おもしろい」と思うものではなくて、お客さんが「おもしろい」と思うものを必死に考え続けてきたんですよね。だから、「個性がない」って言われるんだと思います。

関 僕らが最初に所属していたのは、ハロプロ系のアイドル事務所でしたから。ほかの先輩芸人さんがいるような事務所だったら「オンエアされなかったけど、あれおもしろかったな」とか言ってもらえるんでしょうが、オフエアだったら誰も何も言ってくれない環境だったのもあるのかもしれません。