「やっぱり、付き合っていたのか」「あれ、誤報じゃなかったんだ」

 驚きのニュースに、ネットは多いに盛り上がった。お笑いタレント有吉弘行(46)とフリーアナウンサーの夏目三久(36)が、4月1日に結婚したことを2日午後7時過ぎ、双方の所属事務所が発表した。


有吉弘行と夏目三久

日刊スポーツは前日に「有吉結婚か」

 もっとも、「日刊スポーツ」は少なくとも発表前日には、この情報をつかんでいたようだ。2日付の新聞最終版では、芸能面で「有吉結婚か」の見出しを立てて以下のように伝えている。

〈『最後の大物独身芸人』の1人に数えられる有吉弘行(46)の結婚情報が1日、浮上した〉

 だがこの記事、相手については一切触れていない。しかも、記事をネットに転載していない。テレビの情報番組の関係者たちも「こんな中途半端な書き方は珍しい。何か裏がある違いない」と内情を探った。そこで分かったのは、日刊スポーツがあえて「夏目三久」の名前を外して報じていたことだった。

「日刊さんは近々、有吉さんと夏目さんの結婚発表があることを把握しながら、わざと夏目さんの名前を出さなかったと聞きました。理由は明確です。5年前のあの“誤報騒動”があったからです。夏目さんの事務所への対策ですよ」(情報番組関係者)