「あなたの明日がよい一日でありますようにと願って、この番組を締めくくりたいと思います」

 そう視聴者に呼びかけたのは、NHKの井上あさひアナウンサー(39)。3月26日、ニュース番組を“卒業”した。


©iStock

◆◆◆

 平日23時台に放送されていた「ニュースきょう一日」が、最終回を迎えた。

 NHK関係者が明かす。

「この時間帯は、日本テレビの『news zero』の有働由美子アナ(52)らが顔を揃える“報道番組の主戦場”。そこで19年春の改編で中高年にも人気があるエースの井上を対抗馬として起用したのです」

 岡山県玉野市の出身で、中学時代は箏(こと)の全国3位になったこともある井上アナは私立岡山高校を卒業後、お茶の水女子大学文教育学部に入学。小学校や中学校の教員免許を取得しているが、アナウンサーに憧れ、04年にNHKに入局した。

「報道番組に携わりたい」

 入局当初からそう周囲に話していたという。鳥取、広島放送局を経て09年に東京アナウンス室へ。11年には看板番組「ニュースウオッチ9」に大抜擢され、大越健介キャスターとともに「夜の顔」になった。