「カメラが回っていなくても、夏木さんは役になりきっています。清原さんを“モネちゃん”と呼び、彼女が1人でポツンと立っていると『こっちさ、おいで』と気遣い、東北弁で話しかけていた。現場の皆が姉御肌の“夏木座長”を頼りにしています」(NHK関係者)

役柄同様、破天荒な夏木の人生

 5月にスタートしたNHKの朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」。夏木マリ(69)が演じるのは、宮城県登米市の森林組合で働く百音(清原果耶)を下宿させる資産家。豪快で情が深い金髪のおばあちゃんで、“姫”と呼ばれている。


夏木マリ

 夏木の人生も役柄同様、破天荒だ。東京生まれで、名門・豊島岡女子高校に在学中にスカウトされた。グループサウンズに近づけると期待して1971年に歌手デビュー。インタビューしたノンフィクション作家の吉永みち子氏が語る。

「最初はアイドル路線で、次はセクシー路線、さらに舞台女優へと挑戦が続いた。周囲が彼女に様々な可能性を感じていたからでしょう」

 当初ヒットしたものの、女性ロック歌手のジャニス・ジョプリンに憧れていた彼女は理想と現実のギャップに悩んだ。さらに低色素性貧血で倒れた後は鳴かず飛ばず。「大人なんか信じるか」と不貞腐れ、キャバレーで8年間どさ回りした。

 転機は28歳のとき。トップレスの女性が踊る“ヌードの殿堂”日劇ミュージックホールの音楽ショーに出演することになった。