「大阪での評価は非常に低かったんです」  “芸なし”と評された明石家さんまが一躍人気を集めるようになった“意外な助言” から続く

 1996年より「明石家さんま研究」を開始し、以降、ラジオやテレビ、雑誌などでの明石家さんまの発言をすべて記録し始めた“明石家さんま研究家”のエムカク氏。

 同氏が上梓した『 明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生 』(新潮社)はお笑いファン以外も巻き込み、大きな話題を集めた。

 ここでは、同書の続編『 明石家さんまヒストリー2 1982~1985 生きてるだけで丸もうけ 』(新潮社)の一部を抜粋。売れっ子となった明石家さんまが抱えていた思いについて紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

初のテレビ冠番組

 1984年6月10日、さんまにとってテレビ番組としては初の冠番組となる『明石家さんまのフットワークスタジオ』(朝日放送)が放送された。吉本興業の大﨑洋、放送作家の萩原芳樹が共同で企画したこの特番は、断続的にシリーズ化されることになった。


©iStock.com

さんま「俺は遅刻することで有名だった時代がありますからねぇ。今の子は俺が遅刻しないっていうイメージなんだ? 不思議やなぁ」

村上ショージ「昔は、ほんとに忙しかったからね。寝んと」

さんま「そうそう。毎朝、芸能界やめようと思った時代がありましたからね。有名な話では、京都に11時入りのロケの仕事があって、東京から朝6時の新幹線で行こうと思ってたら、寝坊してしまって。ほんだら、11時にマネージャーの玉利君から電話がかかってきたんですよ。“今、赤坂東急ホテルや”とか言うて。“いや、網野まで来ていただかなくては困るんですけど”“困るっていうても行かれへんやないかい”“わかりました。今からヘリコプター飛ばします!”って言われてんけど、“もうええわ、そっちでやっとってぇ”言うて切ったんですよ。ほいで、現場でショージらが待っててくれたんですけど、大﨑っていうのがその番組のプロデューサーで」

ショージ「みんな、てんてこ舞い。朝日放送の番組で、向こうの偉いさんも、“これは大変やわ、ヘリコプター飛ばそう”とか言うて、吉本の関係者が必死になって」

さんま「着いたのが夜ですよ」

ショージ「さんまさんの特番やからね」

さんま「“そっちでやっとってぇ”どころじゃなかったんですけどね。そういうのは多々ありましたねぇ。しゃあないやんか。行く気はマンマンやねんけど、寝てしもてんから」(『MBSヤングタウン』2008年4月12日)

さんま「朝、いつも芸能界やめようと思うのよ。なんでこんなはよ起きて、なんでこんな無理せなアカンねやろと思って、いっつも2度寝してしまうわけよ。いっつもそれでマネージャーとかともケンカすんねんけどもやねぇ。“もう芸能界やめるから、向こう行け”って言うて、2回目起こされてやっとの思いで行ってた」(フジテレビ『コケッコ!?』1994年1月9日)