音楽の小説化、アニメの実写化、そして小説の映画化――ひとつの作品から別のフォーマットの作品が作られて大ヒットすることは多い。だが、原作ファンから賛否両論が巻き起こるのは世の常だ。原作者や原作ファンを失望させないために、そこには作り手の様々な葛藤や工夫がある。

「小説を音楽にするユニット」として一躍ヒットメーカーとなったYOASOBIのソングライターAyase。川谷絵音率いるロックバンドindigo la Endのアルバム『夜行秘密』を新たな解釈で小説にした『 夜行秘密 』(双葉社刊)が話題となっている小説家・ライターのカツセマサヒコ。両者は「小説を音楽にする/音楽を小説にする」という創作の中で何を意識しているのかを聞いた。(全2回の1回目。 後編 を読む)


YOASOBIのAyase(左)とカツセマサヒコ(右)

◆◆◆

「小説を音楽にする」YOASOBI

――まずはYOASOBIが「小説を音楽にする」というコンセプトに至った経緯からお話しいただけますか?

Ayase 小説投稿サイト「monogatary.com」のスタッフの、サイト内で集まった小説の中から音楽やミュージックビデオを作ったら面白いんじゃないかという発想から始まりました。「じゃあ曲を作る人は誰にしようか」というところで僕に声をかけてもらったんです。でも、最初話を聞いたときは「小説を音楽にするとはなんぞや」と思いましたね(笑)。1発目の「夜に駆ける」が出来上がるまでにたくさん打ち合わせをしましたし、デモもたくさん作り、かなり試行錯誤しました。

カツセマサヒコ(以下、カツセ) 「夜に駆ける」は、原作「タナトスの誘惑」を読むと曲の印象がガラッと変わるので、そこがギミックとして面白いなと思いました。小説をストレートに音楽にしたらもっとダークな感じになると思うんですけど、攻めたポップソングに変換させたのが見事な発明だと思いました。

Ayase ありがとうございます。最初に「タナトスの誘惑」を読んだ段階でもう、ポップな曲にするイメージはありましたね。小説がちょっと怖い終わり方なので、暗い感じの曲にするより「一見ポップな恋愛ソングなんだけど、実は……」というグロテスクな雰囲気を内包させました。ポップな曲調の中に潜むグロテスクさやシリアスさがチラッと見える瞬間って、ゾッとする感じがあると思うんです。