伊藤 寄席とか普段のライブだと、ネタが飛んだり噛んだりしても逆にウケる方向に行くこともあるけど、『M-1』とか勝負がかかったときは、ちょっとやそっと噛んでもそこには触れないですね。アドレナリンも出まくってますし。

畠中 大会だと、あんまりウケてないなとか感じても、元通りに立て直さないとっていう気持ちになりますね。

――決勝でも、噛んだことに言及して広げる芸人さんもいますよね。

畠中  まぁ大きく噛んだらやるしかないですしね。見てるお客さんが緊張しちゃうから。

伊藤 見取り図の盛山さんとかも、去年もおもいっきり噛んだけど拾ってましたよね。俺なら触れないっすね。

畠中 あれが出来るのはすごい技術だと思います。更にミスったら取返しつかないし、拾えるのは凄いことなんですよ。

「いやー伊藤は見せたいタイプですね」(畠中)

――2019年、2020年と『M-1』に出られて、その後はテレビの露出も増えて、大会のためにネタを考える時間を作るのも大変そうですが、どうしているんですか?

伊藤 時間はマジで言い訳にならないですね。かまいたちさんとかも俺らより忙しいはずなのに、それで振るわないとかはなかったし。でも、今って店が早くしまっちゃうからネタ合わせも大変なんですよ。劇場の出番の合間を見つけてやったり、新ネタを下ろすライブの直前は吉本本社に2人で集まったり。無限大ホール の楽屋にいるとつい他の人としゃべっちゃうので。

――最近は努力を表にだす芸人さんが増えましたよね。学生時代のテスト前に「勉強してない」っていう人と、「勉強した」っていう人がいたのを思い出します。

伊藤 その感覚よくわかんないですけど(笑)。でもたしかに、隠す人もいますよね。

畠中 いやー、伊藤は見せたいタイプですね。俺らはやってるんだっていうのを。

伊藤 やってることはやってるって言うし、やってないことはやってないって言うかな。かっこつけて隠すこともないし。それに、別に俺らがやってる努力なんて特別な努力にも当たらないですよね。最低限やらないといけないことをやってるだけというか。僕らが無茶苦茶やってる方かっていうと、たぶんそんなことはないです。でも、「やってるぞ」って言うのも作戦の1つだったんですよ。