「風をあつめて」「木綿のハンカチーフ」「君は天然色」「赤いスイートピー」「ルビーの指環」「硝子の少年」などポップス史に残る名曲を生んだ松本隆氏。時代を代表するアーティストたちと仕事を共にするうえで、彼はどのような考えを持って作詞に臨んでいたのだろうか。

 ここでは、音楽評論家の田家秀樹氏の著書『 風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年 』(KADOKAWA)の一部を抜粋。松田聖子との知られざるエピソードを紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

松田聖子オリジナルアルバム12枚中、全作詞松本隆が8枚。全作チャート1位

 ようやく、と思われた方も多いのではないだろうか。

 松田聖子である。

 歌謡曲にせよポップスにせよ“歌モノ”と呼ばれる音楽には、名コンビとして知られている作詞家と歌い手の関係がある。

 たとえば60年代の永六輔と坂本九、岩谷時子と加山雄三、70年代の阿木燿子と山口百恵、阿久悠とピンク・レディー。歌い手の異質さに目をつぶれば、21世紀に入ってからの秋元康とAKB48もそうした流れに入るのかもしれない。

 でも、作られた曲数の多さや実績、そしてその歌い手のキャリアの中での印象の強さ、何よりもアルバムという分野では、松本隆と松田聖子を凌ぐ関係は存在しない。

 シングルヒットが全てだった60年代や70年代には“アルバム”という概念自体が一般的ではなかった。阿木燿子が全曲を書いた山口百恵のアルバムは2枚しかない。


松田聖子氏 ©文藝春秋

 松本隆と松田聖子はどうか。81年「風立ちぬ」から88年までに発売されたオリジナルアルバム12枚のうち、松本隆が全曲の詞を書いたのは8枚。1曲だけ聖子自身が書いている83年の「ユートピア」を加えれば9枚。全作がチャートの1位を記録している。

 さらにシングルにしても、最初に書いた81年7月発売の6枚目「白いパラソル」以降、88年の25枚目「Marrakech〜マラケッシュ〜」まで20枚のシングルのうち17枚を担当、やはり全てが1位を記録している。

 80年代の松田聖子のほぼ全てを作り上げたと言っても過言ではない。