4月9日からNHK Eテレでバラエティー「ワルイコあつまれ」が始まった。レギュラー出演するのは新しい地図の稲垣吾郎(48)、草彅剛(47)、香取慎吾(45)の3人。2016年に起きた大騒動を経て、翌年9月にジャニーズ事務所を退所した“辞めSMAP”の3人だ。

「ワルイコあつまれ」は、楽しく社会を学ぶ教育バラエティー。昨年9月に2回、そして今年1月と3月の特番を経てレギュラー化した。3人が「学校で教えてくれそうで、ちゃんとは教えてくれないこと」をゲストと共に学んでいく。


ワルイコあつまれ(新しい地図公式Twitterより)

“新しい地図”3人そろっての初めての地上波レギュラー

「重要なのは3人にとって、2017年9月に新しい地図として活動を開始してから、初めての3人そろっての地上波レギュラーということです。民放各局はジャニーズ事務所に忖度して、3人そろってはレギュラーどころか出演も満足にありませんでした。それが独立から4年7カ月でやっと“テレビに帰ってきた”ということです。NHKに受信料を払っていてよかったと思いましたよ(笑)」(スポーツ紙芸能デスク)

 新しい地図として活動を始めた3人は、ジャニーズ時代は事務所の方針として対応していなかったYouTube、Twitter、InstagramなどのSNSでの活動を始めた。同年11月には「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)に登場。爆笑問題、カンニング竹山、きゃりーぱみゅぱみゅ、武井壮、三谷幸喜、市川海老蔵、キャイ〜ン、堺正章などの売れっ子芸能人も出演して、順調に復活していくものと思われた。

 だが、現実は厳しかった。稲垣は「ゴロウ・デラックス」(TBS系)が2019年3月、草彅は「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)が2018年3月、香取は「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)が2017年9月、「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)が2018年3月いっぱいで終了した。

「ジャニーズ事務所は、3人の番組出演について直接は何も言いませんでした。でも、3人を出演させればジャニーズ所属のタレントは共演NG。起用した番組スタッフはジャニーズ関連の番組を制作しにくくなってしまいます。2019年7月に亡くなったジャニー喜多川社長はともかく、昨年8月に亡くなったメリー喜多川名誉会長は最後までSMAPのマネジャーだった飯島三智氏と3人を許しませんでした」(女性誌編集者)

 それゆえ、しばらくはSMAP時代の“遺産”での出演が続いた。