業界を騒然とさせたフジテレビ社員大量退職のニュース。「ネクストキャリア支援希望退職制度」という名称で、昨年11月に「勤続10年以上、50歳以上」を対象に退職者を募ったところ、約100人が手を挙げたことが報じられた。中にはフジテレビの黄金期を築いた有名社員や人気アナウンサーも複数含まれていた。

 そのひとりが、明松功氏(51)だ。2018年に終了した名物バラエティ「めちゃ×2イケてるッ!」のプロデューサーだった。恰幅のよさと独得のキャラクターで、自ら出演する“ガリタ食堂”などの人気コーナーも手掛けた名物テレビマンだ。

「楽しくなければテレビじゃない」というキャッチフレーズで1980年代に一世を風靡したフジテレビ。その王道を継いできた明松氏の退社は、フジテレビに限らず、テレビ業界の現状を象徴する“事件”だ。明松氏はなぜ退社という決断をしたのか。彼はどこに行こうとしているのか――。映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」などで名高いドキュメンタリー監督の大島新氏が、明松氏に2時間のロングインタビューを敢行した。

 大島氏はフジテレビOBで、明松氏と同期の1995年入社。友人だからこそ聞ける、明松氏の本音に大島監督が迫った——。(前後編の前編/後編は こちら )


「ガリタ」さんこと、明松功氏 ©KAZA 2 NA

「あんなにいい会社を辞めるなんて、正気か?」

 2021年11月、フジテレビが勤続10年以上で満50歳以上の社員を対象に早期退職者を募集したという一報がネットで流れると、テレビ業界がざわついた。「ついにあのフジテレビが……」というのが、多くのテレビマンが抱いた思いだっただろう。

 私がフジテレビを退社したのは1999年8月、29歳の時だった。多くの人に、「あんなにいい会社を辞めるなんて、正気か?」と言われた。それほど、当時のフジテレビは輝いていたのだ。

 あれから二十余年、テレビ業界を取り巻く環境は激変した。Netflixに代表される配信や、YouTubeなどの映像コンテンツが溢れる時代に、栄華を誇った地上波テレビは苦境に陥っている。これは決してフジテレビだけの問題ではないのだが、同社の場合その輝きがあまりにも眩かっただけに、凋落するテレビの象徴のように見えてしまっていた。

 そんな折の早期退職者の募集……多くの業界関係者の注目が集まる中で、100人近くの社員が会社の求めに応じ、2022年3月末に退職したということがわかった。その中には、著名なバラエティの演出家である片岡飛鳥氏や、ドラマ監督の宮本理江子氏や武内英樹氏の名もあった。

 出回った退職者リストの中に、私は同期入社(1995年)の男の名前を見つけた。明松功(かがり・いさお)。前述の片岡飛鳥氏が総監督を務めた「めちゃ×2イケてるッ!」のスタッフとして、ディレクター・プロデューサーを歴任し、同番組のコーナー企画「ガリタ食堂」では出演者としても活躍した名物テレビマンだ。同期といっても、部署が違ったので(私は情報・ドキュメンタリー番組のセクションだった)、研修期間以降は交流がほとんどなかった。お互いに50を超え、久しぶりに会った明松に、フジテレビへの思いと退社に至った経緯をじっくりと聞いた。