クイズ王が集まる謎のサークル「ホノルルクラブ」をご存知ですか? このクラブの主、クイズレジェンドの村田栄子さん、87歳がついにインタビューに応じてくれました。子ども時代に東条英機に頭を撫でられた才女はいかにしてクイズ王になったのか? (全2回の前編です)


村田栄子さん

ホノルルクラブとは一体どんな組織なのか?

―― 文春オンラインではクイズ王の能勢一幸さん、石野まゆみさんにインタビューをしているんですが、お二人ともクイズ王が集まるサークル「ホノルルクラブ」のことを話題にされたんです。このクラブって、一体どういう組織なんですか?

村田 1972年に、囲碁棋士の小山鎭男さんたち『アップダウンクイズ』の優勝者7人でスタートさせたクイズサークルです。優勝旅行先のハワイで結成したからホノルルクラブというわけです。クイズにもっと強くなろうという研鑽会みたいなものですよ。

―― 入会のきっかけはなんだったんですか。

村田 会長の小山さんが出された本のなかに「クイズの強豪村田栄子さん」と私の名前があって。私って強豪なのかって、電話して入れてもらいました。

―― クイズの強豪というのは『アップダウンクイズ』の優勝者だったからですか。

村田 そうじゃないですか。私は1978年に、2回目の出場で10問全問正解したので、それをご覧になっていたのだと思います。


アップダウンクイズ10問正解の瞬間 村田さん提供

会長候補が「失踪」して、私が会長になったの

―― いまは村田さんが会長をされていますが、引き継がれた経緯を教えてください。

村田 初代会長だった小山さんが、当時囲碁熱が高まっていたソ連に囲碁の指導に行くことになったので、クラブの運営は、第2回ウルトラクイズに優勝した北川(宣浩)君が引き継ぐと聞いていたんですね。ところがある日、例会に使っていた代々木の青少年センターに行ったら、机の上に「僕できません」という北川くんの書き置きと切手が数枚と名簿だけが入っている封筒があって。会長候補の失踪ですよ(笑)。それでいろいろ声をかけたんですけど、みんなそっぽ向くんです。だから私、しょうがなくて今日までやってるんですよ。もう40年以上。まあ、やると言ったって、会場取りと会報の発行だけなんだけど。

―― 今、会員は何人ぐらいいらっしゃるんですか。

村田 毎月送っている会報が、今は80通ぐらいですね。最盛期には200通ほど。


 

―― 会報の制作もご自身で? 

村田 いえ、みんなが持ち寄ったクイズを編集してくれるのは鷹羽(寛)君。水津康夫君の今月読んだ本みたいなコーナーもありますよ。それを封筒に詰めて、切手と宛先シール貼って送るのが私の仕事。会場取りが大変なの。渋谷区ひどいんですよ。受付は9時からじゃなく9時きっかり。それでも抽選ですよ。電話受付だと回線が1本しかないからたいていアウトです。