俳優の松たか子がきょう6月10日、45歳の誕生日を迎えた。今月17日には出演映画『峠 最後のサムライ』の公開が控え(松の役は主人公・河井継之助の妻・おすが)、さらに7月からは、NODA MAPの舞台『Q:A Night At The Kabuki』の3年ぶりの再演も国内外で予定されるなど、ますます活躍著しい。

 松はよく知られるように、父親は松本白鸚(2代目)、兄は松本幸四郎(10代目)という歌舞伎の名家に生まれた。姉の松本紀保も舞台を中心に出演し、演出やプロデュースも手がける。また最近では、幸四郎の息子で松の甥である市川染五郎(8代目)が大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で木曽義仲の嫡男・源義高を好演し、歌舞伎界の新星として脚光を浴びている。


松たか子 ©文藝春秋

父・白鸚に感じた“怒り”

 松が俳優の道に進んだのも、中学卒業直後の1993年春、翌年の大河ドラマ『花の乱』への出演を脚本家の市川森一から勧められたのがきっかけだった。市川は、父・白鸚が6代目染五郎時代と9代目幸四郎時代にそれぞれ主演した大河『黄金の日日』と『山河燃ゆ』の脚本を担当しており、松の家とは長い付き合いであった。なお、室町時代を舞台とした『花の乱』での松の役は少女時代の日野富子で、その夫となる足利義政の少年時代を現在の市川海老蔵(当時は新之助)が演じた。

 松は『花の乱』の放送を前に、1993年には歌舞伎座での『人情噺 文七元結』で初舞台を踏んでいる。松たか子という芸名は、本名の隆子に、父方の祖母の藤間正子(松正子)が小唄の家元として名乗った松派の「松」をつけたものだ。じつは彼女が俳優の道に進んだのには、この祖母の存在がかかわっていた。父・白鸚(当時は幸四郎)との往復書簡集(※1)で、彼女はこんな話を明かしている。