多くのレギュラー番組を持ちながら、バイクや住宅リフォームなど趣味を楽しむヒロミ(57)。妻の松本伊代(57)とも関係良好で、中高年として理想的な生き方に見えるが、実は「男性更年期障害に苦しんでいた」と告白している。

 順天堂大学大学院主任教授・堀江重郎氏によると、更年期障害とは「性ホルモンの低下によって心身に不調が起こった状態」を指す(「 社会的な要因によって起こる病気といっても過言ではない」医師が警鐘を鳴らす“男性更年期障害”の知られざる真実《チェックリスト付き》 )。更年期症状は女性だけでなく男性にも起こるが、《男性更年期》についての世間の認知度はまだ低い。

 ところが、日本内分泌学会公式サイトによると、「女性と似た更年期症状が男性では、40歳代以降どの年代でも起こる可能性」があり、期間には終わりがないという。( 日本内分泌学会「男性更年期障害(加齢性腺機能低下症、LOH症候群)」 )

 昭和生まれの中高年男性は、体調不良を感じても「休みます」とはなかなか言えず、周りに弱音を吐きにくい。男性更年期、定年、老後をどう乗り切るか、 “昭和オジサンの生きる道”をヒロミが語った。(全2回の1回目/ 続き を読む)


©文藝春秋 撮影/平松市聖

突然始まった動悸、発汗、不安

――ヒロミさんに男性更年期の症状が現れたのは、いつ頃ですか。

ヒロミ 50歳を過ぎた頃ですかね。テレビの収録前に、急に心臓がドキドキして汗が出たり、息苦しさとかがあって。

――不安になる?

ヒロミ 「あれ、もしかすると調子おかしいかな?」って一瞬思うと、それが不安状態に入るスイッチになっちゃう。

 テレビに出ること自体は緊張しないんですよ。それよりも「このまま普通にいられるかな。俺、倒れるんじゃないか?」という不安みたいな。

――病院はすぐに?

ヒロミ いや、すぐには行かなかったですね。しばらくすると症状はおさまるし、毎日そうなるわけでもなかったから。最初は「その日の体調なのかな?」って。

 体調が悪くなるのは、家にいるときより、仕事中のほうが多かったんです。だから、「自覚はないけど、仕事がストレスなんだろうか」と思ったり。

――しばらく様子を見ようと。

ヒロミ そう。でもしばらくしたら、仕事じゃないときも症状が出ることがあって。それで、ママ(妻の松本伊代)に相談したんです。

 彼女は病院好きで健康情報にも詳しいから、「それ更年期じゃない? 病院行った方がいいよ」と、すぐに病院に連れていかれました。