トム・クルーズ主演で現在公開中の映画「トップガン マーヴェリック」。8月1日、配給先の東和ピクチャーズは、同作の興行収入が100億円を突破したことを発表した。動員数は642万人を超えるという(7月31日時点)。

 映画公開から2カ月を超えてもなお人気の衰えない「トップガン」。その魅力とは一体何か。元空自パイロット4人が「 週刊文春 」に語った当時の記事を再公開する。(初出:文春オンライン 2022年6月16日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

「前作から36年が経っていますが、オールドパイロットが人生最後のミッションをどう乗り越えていくのか、自分のパイロット人生と重ねあわせて感じ入ってしまって。鑑賞中には思わず手をぐっと握ってしまいました」

 トム・クルーズ主演で現在公開中の「トップガン マーヴェリック」についてこう語るのは、元航空自衛隊第306飛行隊長で、 「熱血! “タイガー”のファントム物語」 の著書のある戸田眞一郎氏(71)である。


Ⓒ 2022 PARAMOUNT PICTURES. CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

 元空自パイロット4人が語るこの映画の“萌え”ポイントとはーー。

 5月下旬に封切られた同作は映画「トップガン」(1986年)の続編。現在、映画ランキングで首位を快走。国内観客動員数は200万人を突破し、国内興行収入も既に30億円に達している。

「公開直前にはトム・クルーズ本人が来日、5月23日には来日会見を開きました。『私は夢を生きることができる幸せな人間なんです』との言葉が印象的でしたね」(スポーツ紙記者)

 “マーヴェリック”とは一匹狼を意味するトムのニックネームだが、同様に日本の空自パイロットも皆、TACネーム(愛称)を持つ。「Hachi」こと元空自F―15アグレッサーパイロットの前川宗氏(41)が語る。

「私はF―15に乗る資格を得た時に茨城県の百里基地で任務をすることになりました。その時の歓迎会でTACネームのプレゼンをして希望通りの名前をつけることを許されました。私は8人兄弟だったので、Hachiにしました。漢字にすれば末広がりになりますし、数字を横にすれば無限大にもなる、愛着のある名前です。本作の若きパイロットたちにもハングマン(絞首刑執行人)やルースター(成長した雄鶏)など意味深な名前がついていますから、その由来に思いを馳せるのも一興です」