大ヒット曲をセルフカバーし、28年ぶりの紅白歌合戦出場が発表された篠原涼子(49)。そんな彼女の私生活に“異変”が……。


篠原涼子

◆ ◆ ◆

売り上げ200万枚の「恋しさとせつなさと心強さと」は「20万枚が目標」だった

 篠原は1990年、アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバーとして芸能界デビュー。94年、小室哲哉のプロデュースで「恋しさとせつなさと心強さと」を発売し、200万枚超の売り上げを記録した。制作に携わった清水彰彦氏が語る。

「10年程前、カラオケに行った時、自分のドラマの曲や今井美樹さんの曲を歌っていて『現役の頃より上手いんじゃないか?』なんて話しました(笑)。涼子ちゃんはグループでのデビュー当時からソロで歌いたいという思いが強かった。感性で歌うタイプで、リズムが突っ込んだりする面もあった。でも、小室さんは『いいよ、これで行こう』と。『20万枚が目標』と言っていたけど、あそこまで売れるとは驚きましたね」

ドラマ「silent」ではあえて体重増量

 その後、役者として活躍の場を広げると、歌手活動は休止状態に。しかし、

「今年2月にネットフリックスで配信された主演ドラマ『金魚妻』では主題歌も担当し、19年ぶりの歌唱を披露。インタビューでは『歌いたい思いはずっとあった』と意欲を示していた。『恋しさと〜』も来年発売のゲームのイメージソングに決まり、“2023年版”として再録することになったのです」(芸能記者)

 女優業も順調だ。ドラマ「silent」(フジテレビ系)では、中途失聴者となった佐倉想(目黒蓮)の母親・律子を演じている。

「二重顎の目立つ顔つきで『太った?』と話題に。篠原さんはもともと産後太りに悩んでいて『当時は20キロも増えた』と明かしていました。コロナ禍で日課のヨガやジムに行けず、体型維持に苦労していたそうです。ただ、役作りで髪型や体型を自ら変えるタイプで、『金魚妻』では16歳下の岩田剛典との濡れ場を演じるため、玄米を食べて5キロ減量して撮影に臨んでいた。今作では年相応の母親らしさを出すために、あえて増量したと言われています」(ドラマ関係者)