マンガ家・東村アキコが語る「スマホで読む」ことでひっくり返った業界の常識 から続く

 人気マンガ家・東村アキコさんが『東京タラレバ娘』に続き、独身アラサー女子のリアリティを描いた作品が『偽装不倫』。主人公・鐘子(しょうこ)は30代の派遣社員。婚活に疲れ果て、ひとり旅に出かけた機内で年下のイケメンと出会う。「結婚している」と思わず嘘をつき偽りの不倫関係に翻弄されるラブストーリー。

『偽装不倫』は現在 「LINEマンガ」 で連載中(毎週土曜日更新)。コミックでも出版されている(4巻まで発売中)ほか、日本テレビ系列の水曜22時枠で、 杏さん主演の連ドラ が放送中だ。まじめに生きているのになぜかうまくいかない……。そんなアラサー女子の内なる部分について東村さんに伺った。

◆◆◆

“諦めと悟り”独身アラサーはある意味かわいそうな世代

 東村さん曰く「いまの20代の子たちと話していると、ネット社会で揉まれて育ったせいか比較的ドライで、恋愛に溺れたりしないみたいなんです。『東京タラレバ娘』の倫子は描き始めた当時33歳の人がモデルで、いまアラフォーの世代。“結婚できないのはいい男がいないから”と心のどこかで思っている人が多い」という。では、その中間世代の独身アラサーは?

「理想を持ちつつも、いい男を捕まえられないのは自分にも責任があると分かっているような、諦めと悟りを感じます。純粋に夢を見ることができない、ある意味かわいそうな世代」

 原作『偽装不倫』の主人公・鐘子は3年に及ぶ婚活をやめ、自分は結婚せずにひとりで生きていくのだろうと思った矢先に韓国人のジョバンヒと出会う。イケメンの年下にやさしくされ、動揺した鐘子は「自分にはダンナがいる」と嘘をつく。


日テレ系ドラマ「偽装不倫」より杏と宮沢氷魚 ©日本テレビ

「見栄を張っちゃったんですよね、とっさに。30、40代の女性なら経験あるんじゃないですか? 彼氏がいなくても『いる』って言っておいたほうがラクな状況だったりとか」