45位「エリマキトカゲ 夜の女王下敷き」

「1984年に自動車メーカーのCMが放送され、エリマキトカゲは一大ブームになりました。このガチャはその便乗商品の一つですが、今でも見かける電話ボックスのピンクチラシを真似したのでしょうね。裏面は履歴書ですが、内容が意味深です」1984年、50円、コスモス製

44位「セーラー服CLUB MATATABI メンバーズカード」

「いろんなガチャが登場したなめ猫ですが、このセーラー服姿のホステス指名カードも、その一種です。この頃になると、風俗嬢の年齢層が下がり、セーラー服を着ても、あまり違和感のない女性が現れました。そんな世相を反映したガチャかもしれません」1980年、20円、コスモス製

43位「バトルフィーバーJ ミスアメリカ消し」

「ミスアメリカは東映のスーパー戦隊シリーズの第3作『バトルフィーバーJ』(テレビ朝日系、1979年〜1980年)のヒロインです。アメリカのマーベル・コミックと提携した本作は、このミスアメリカのみ、本場のコミックを参考にして生み出されました。なぜかディスコダンスを踊りながら戦います」1979年、20円、ポピー製

42位「どっきりインク」

「これは困った商品。ペンなどにインクを仕込んで、それを女の子の衣服などにかけてドッキリを仕掛けるグッズなのですが、本来なら色は時間とともに消えるインクが、時々消えないことがあるんですよ。ガチャにありがちな展開です」1981年、20円、コスモス製

41位「びっくりトイレ」

「レバーを押すとうんこが飛び出してくるというガチャです。前回にも似たようなガチャを紹介したと思いますが、この業界では、うんこは正義なのです。この坊やのイラストもなかなか味があります」1980年、20円、今野産業製