有料の婚活アプリは複数あるが、総じて結婚相談所と比べるとリーズナブルな価格だ。A子さんは調べてみて「安い」と感じたという。

「月に3000円〜5000円のアプリが多かったんですけど、私は男女ともに毎月1万円くらい払うものを選びました。女性もお金を払っているので真剣度が高いイメージがありましたし、身分を証明する書類なども提出するので男性の身元もしっかりしてるかなと。それでも入会費などがないぶん、結婚相談所よりはかなり安いという印象でしたね」

「家族じゃないとダメなんだな」

 それまで活用していなかったアプリでの婚活を決断したのには、心情的な理由もある。自粛生活が始まる中で、「家族」と「それ以外」の間にある“超えられない線”の存在を痛感したという。

「私は昨年の早い時期に在宅勤務になり、恵まれてると思う一方で誰とも話さない日が続くのはやっぱりキツかった。結婚した友人とも『別にいつでも会えるし』と思っていたのですが、感染リスクのことを考えると実際には遠慮してしまって疎遠に。向こうに子供がいたらなおさらですよね。

『結局、家族じゃないとずっと一緒にはいられないんだ』という孤独を痛感しました。周りの雰囲気としても『(コロナを)家族にうつされた』のは許されても、『友人や恋人と会って感染した』は許されない感じでしたよね。それで、どんなに仲が良くても家族じゃないとダメなんだなって」

 家族を探す、という目的が定まったA子さん。だが現在のマッチングアプリは多種多様だ。割り切った関係を探す人が集まるアプリから、真剣に結婚相手を探すアプリ、その中間の恋人探しに適したものまで、雰囲気はさまざま。その中から“真剣な婚活用”のアプリを選びはしたものの、「まったく知らない人と会う」ことの不安は消えなかったという。