秋篠宮家の長女・眞子さま(27)と小室圭さん(27)の結婚関係儀式が延期となって1年あまり。小室さんの文書公表をきっかけとして、「金銭トラブル」にも再び注目が集まっている。次女の佳子さま(24)は国際基督教大学(ICU)を卒業され、「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい」と異例のお言葉を寄せられた。2017年12月、すべてのきっかけとなったスクープ「眞子さま嫁ぎ先の“義母”が抱える400万円超の“借金トラブル”」を報じた「週刊女性」の担当記者がこの1年を振り返る。


2017年9月3日、婚約内定記者会見での眞子さまと小室圭さん ©AP/アフロ

眞子さまと小室さんのご結婚の意思が変わらないのであれば

 今年1月22日、小室圭さんは母・佳代さんの元婚約者である男性X氏との「金銭トラブル」について、ようやく自身の見解を説明する文書を公表しました。1年前、眞子さまのご結婚について「宮内庁で緊急レクがあるぞ」と聞いた時、まずは「破談か」と思い、一人で心臓がバクバクしたものです。結果的には「再来年(2020年)になる見込み」との発表でした。しかし眞子さまと小室さんは、東京とニューヨークで遠距離恋愛を続けられ、ついには弁護士を通じて「金銭トラブル」の説明まで果たした。これは、私にとっては思いもよらない展開でした。

 現在では、私は最終的に眞子さまと小室さんのご結婚の意思が変わらないのであれば、その方向で物事が進んでいくのでは、と考えるようになりました。その理由は後述したいと思いますが、「今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたいと考えております」と小室さんが1月の文書で述べたように、解決に向けて何か行動を取るという姿勢を示したという点において、今回の文書公表は「一歩前進」と受け取ることもできるのではないでしょうか。

 昨年11月、秋篠宮さまは誕生日会見で、

「私は、今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います。(中略)今いろんなところで話題になっていること、これについてはきちんと整理をして問題をクリアするということ(が必要)になるかもしれません。そしてそれとともに、やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」

 と語られ、小室さんの文書は、秋篠宮さまへの“回答”となるはずでした。