「屋根が浮き上がるほど火の勢いが強く、消防隊が一旦消火してもまた燃え上がりました」(近隣住民)

 11月25日未明、奈良県橿原市栄和町の鉄筋2階建てアパートで起きた火災。若い男性の焼死体が発見されたが、その首には刺し傷が残されていた――。

◆◆◆

 アパート住民が証言する。

「午前4時10分過ぎに警報が鳴り、他の部屋の男性が『火事です!』とチャイムを鳴らしたので外に出ると、煙がもうもうと充満していた。その男性が火元の部屋に行くと、鍵は開いていたが真っ暗で、呼び掛けにも応答がなかったそうです」

 アパートは2階建ての3LDKタイプで、各階に6戸ずつ計12戸あり、賃料は約5万円。出火した2階204号室のベランダ側の居室で男性の遺体が発見された。大手紙記者が話す。

「遺体は当初、この部屋に住む20歳の男性会社員・竹株脩(しゅう)容疑者(20)だと見られていた。首の左側に刺創があったが致命傷ではなく、出火時は生きていました。傷の深さや凶器については炭化が酷く、照合が難しい状態です」


現場アパートは2階の5室が全焼

 だが、その後のDNA鑑定で、遺体は橿原市の隣の桜井市に住むフリーター・山岡直樹さん(28)のものと判明。一方の竹株容疑者は事件後、行方知れずとなっている。

 竹株容疑者所有の白の軽ワゴン車は、アパートの駐車場に残されたまま。バンパー付近には血が流れたような痕があり、運転席側のドアノブにも血のついた手で握ったような痕があった。

「トランクや車内にも山岡さんのものを含む血痕があり、血のついていない包丁も残されていた」(同前)

 さらに、現場から約5キロ離れた山岡さん宅近くの細い路地で、山岡さんの血痕とメガネが発見された。

「大きな血だまりが側溝の蓋の付近にできていて、脇の家の白い壁にも血しぶきが飛んでいました」(近くの住人女性)

 事件の前、竹株容疑者の車が辺りを何度も行き来するのを防犯カメラが捉えている。