スマホ学習は、既存の教育のパラダイムを大きく変革させる。現役東大生ライターとして最近の東大生の勉強スタイルを研究し、「リアルドラゴン桜プロジェクト」として学校現場で直接高校生に勉強法を教えている自分は、最近本気でそう感じる。

「スマホは勉強に悪影響であり、スマホを使うと学力が下がる」「適切な指導ができる学校や塾がない状況下の学生は偏差値が低く東大合格も難しい」。今の日本にはこのような教育の通説が存在する。しかしこれは、スマホ学習の登場によって10年後には消え去ってしまうだろうと私は確信しているのだ。

東大生は、スマホを使って東大に合格している

 まず、「スマホを使うと勉強に悪影響である」という考え方に関してだが、実際に東大生にアンケートを取ってみた。結果、2019年度入学の東大1年生のおよそ8割が「スマホは勉強に悪影響だと思うか?」という問いに「そうは思わない」と回答していた。

 さらに、彼ら彼女らの勉強スタイルを取材してみると、スマホを使って友達同士でノートを見せ合ったり、できなかった問題を写真に撮ったり、Googleドライブで予想問題や過去問を共有しあったり、勉強計画や履修・成績をエクセルや勉強系アプリで可視化したり、スマホをフル活用して勉強していた。東大生は、スマホを使って東大に合格しているのだ。


©iStock.com

 こんなデータも存在する。スマホを勉強で活用している高校生の割合は、2019年調べで約95%に上るというのだ。教科書の電子化や成績のデータ化・勉強時間の進捗管理やわからない事項の検索など、スマホを使った学習法は多岐にわたり、今やスマホを使わずに勉強している学生を探す方が困難な時代になっている。

 勉強系のアプリのほとんどは無料であり、料金が発生するものでも月額980円でスマホ授業見放題となる「スタディサプリ」のように本当に安価な値段でいいサービスが受けられる時代になっている。

 つまり、適切な指導者がいない、または経済的に塾に行くのが困難な環境下にいる学生でも、スマホさえあれば、東大に合格するのも夢ではないのだ。実際、とある沖縄県出身の東大生は東大進学者が今までいなかった高校から塾に行かずに東大合格を果たしている。「スマホを使うと成績が下がる」というのはもはや時代遅れな批判なのだ。