2020年上半期(1月〜6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。皇室部門の第1位は、こちら!(初公開日 2020年2月23日)。

*  *  *

「今日、学校側から、愛子が希望していた、学習院大学文学部日本語日本文学科への合格通知を頂きました。進路については、本人から私たちにも相談がありましたが、本人の意向を尊重しながら、できる範囲での助言をしてきたつもりです。希望の進学先に進めることを、愛子はもとより、私も雅子もとても喜んでおります」

 天皇陛下は2月23日の誕生日を前に、21日に行った記者会見で、学習院女子高等科を今春卒業される長女・敬宮(としのみや)愛子さまの進路について、こう述べられた。これに先立ち、宮内庁は同日、愛子さまが学習院大学に進学し、文学部で学ばれることになったと発表した。

 宮内庁関係者が語る。


天皇皇后両陛下と愛子さま ©JMPA

「文学部」と「法学部政治学科」のちがい

「天皇陛下も学習院の文学部で学ばれています。陛下は史学科を選ばれました。皇族方は伝統的に多くが学習院大学で学ばれていますが、陛下と比較的年代が近い寬仁さまも桂宮さまも、そして秋篠宮さまも、法学部政治学科を選ばれています。天皇直系の長子というお立場とは異なり、比較的自由度の高い宮家であれば政治学を学ぶという選択肢もありですが、現行憲法下では政治と一定の距離を置かなければならない天皇の直系長子として育った天皇陛下には、その選択肢はありませんでした。

 愛子さまはご結婚をされれば皇室を離れられる女性皇族ではありますが、天皇家の長子として、天皇陛下のなさりようを見習い、同じ学習院大学文学部を選ばれたということではないでしょうか」

 愛子さまは学習院幼稚園から初等科を経て、女子中等科、女子高等科で学ばれ、進学先として学習院大学を選択された。一方で上皇陛下のお孫世代では、秋篠宮家の長女・眞子さまも二女の佳子さまも高校までは学習院だったものの、大学はICU(国際基督教大学)を選ばれた(佳子さまは学習院大学文学部を中退後、ICUに入学)。秋篠宮家の長男・悠仁さまはまだ13歳だが、幼稚園から中学校まではお茶の水女子大学附属を選択されている。伝統に縛られていないという点で、やはり宮家らしいと言えるのかもしれない。