愛子さまはLINEやインスタ交換の輪に……

 愛子さまは日本語日本文学科で、日本文学講義や日本語学講義などを履修され、英語やスペイン語、スポーツ・健康科学なども学ばれている。なかでもスペイン語は、陛下が学習されていることもあって6歳の頃から親しまれ、オンライン授業では画面を真っすぐに見られるようセッティングに心を配られているという。日本文学やスペイン語など、ご自身の関心をじっくりと深められているご様子がうかがえる。

 学習院大学では、今後もしばらくオンライン授業が続くようだ。初登校日は同級生と直接会うことができる貴重な機会となり、新入生たちはLINEやインスタグラムなどの連絡先交換をしていたというが、愛子さまはその輪に加わられないこともあったようだ。皇族としてのお立場を自覚なさっているのだろうと思った。

 Aラインスカートや水色カーディガンから、愛子さまはガーリーなテイストをお好みなのではないかと拝察している。学習院女子高等科の頃は、「ラデュレ」の猫柄ビニールトートバッグをお持ちになって通学されていたことがあった。お弁当などを入れられていたのではないだろうか。淡いグレー地に、手鏡の中にうつった黒猫がプリントされた可愛らしいデザインだった。高校生にも人気のブランド「ケイト・スペード ニューヨーク」のピンク色の2つ折り財布をお使いになっていたこともあった。

 ポップな花柄が人気のイギリスのブランド「キャスキッドソン」もお好きだったようで、「高校野球秋季大会」で学習院高等科と駿台学園高校の試合を観戦された際に、このショルダーバッグをお持ちになっていた。ゆったりとした白Tシャツの裾にフリルがデザインされたトップスに、デニム風のやわらかい素材“デニット”のミニスカートを合わせ、ポニーテールを若草色のシュシュでまとめられていたのも、愛子さまらしい装いだったように思う。これからは大学生として、どのようなファッションを楽しまれるのだろうか。