「リベラル」という言葉が、いつの間にか、日本でも頻繁に用いられるようになった。

 しかし、リベラルという概念は非常に曖昧で、誰が、どの時代に、どのような文脈で用いているのかによって、意味合いが全く異なってしまうほどだ。

 そもそも、日本にリベラルは存在するのかという問題もある。

 社会主義、共産主義ほど「左」ではない、やや左寄りの勢力がリベラルとイメージされており、政党で言えば、2020年9月、合流新党として再出発した立憲民主党をリベラルと位置づけるのが一般的だ。だが、アメリカの民主党のような経験と理念に基づいておらず、やはり漠然と、保守に反発する人々の寄り合い所帯という印象が拭えない。


日本での「リベラル」立憲民主党の枝野幸男代表 ©文藝春秋

 実際のところ、少し前まで「革新」「進歩派」という語が指示していた対象が、いつの間にかリベラルという呼び名で呼ばれるようになっただけで、大きな違いはないのではないだろうか。

「リベラル」なのに保守的?

 それどころか、「戦後レジームからの脱却」や「アベノミクス」といった改革のキャッチフレーズを掲げてきた安倍政権、自民党に対し、何かと難癖をつけて、時には感情的に批判する立憲民主党、共産党は、見方によっては、古い価値観から改革に抵抗する保守的な勢力に見えてしまう。

 加えて、政権を批判する「サヨク」は「反日」だとするイメージが、一部の極端な意見を持つ人々に限らず、かなり広い範囲で持たれるようになっている。「改革に抵抗して政策とは無関係な批判ばかりする反日的な勢力」というのが、無党派層を含めた多くの人に持たれている「左派=リベラル」に対するイメージなのではないだろうか。