「『週刊新潮』の早刷りが宮内記者会に出回ってすぐ、記者会の幹事社主催で臨時の“記者クラブ総会”が開かれました。『前例のない由々しき事態が発生したので、しかるべき対処を』と幹事社から伝えられましたが、正直眞子さまの結婚問題がヒートアップしてからは、こうした情報漏洩が続いている。またかと思いましたよ」

 こう嘆くのは宮内庁担当ベテラン記者だ。いま、宮内庁や記者会は眞子さまの結婚問題をめぐる、相次ぐ“情報漏洩”に頭を悩ませているという。

 ◆


3月26日に行われた歌会始の儀(宮内庁提供)

 新型コロナウイルスの影響により2カ月余り延期になっていた宮中行事「歌会始の儀(うたかいはじめのぎ)」が3月26日に行われた。「歌会始」は毎年1月、天皇の主催で行われる新春恒例の行事で、皇后や秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方や、入選者、選者らが「松の間」に参集。入選者、選者、皇族、天皇の順に歌が詠まれる。

 今年も全国から寄せられた1万3千首を超える歌の中から選ばれた10人の歌が古式にのっとって披露された。会場となった皇居・宮殿「松の間」では感染症対策のため、出席者は全員マスクを着用し、詠み上げ役はフェイスシールドをつけ、席にアクリル板が設置された状態で臨んだ。

 今年のお題は「実」。天皇皇后は新型コロナウイルス感染拡大が収まることを願う歌を詠み、新年の宮中行事の最後を締めくくる儀式は滞りなく終了した。

 しかし、歌会始の儀の前日に“事件”は起きていたのだ。

「誰が漏洩させたんだ!」宮内記者会騒然

 皇室ジャーナリストが語る。

「3月25日発売の『週刊新潮』に歌会始の儀でお披露目になるはずの眞子さまのお歌『烏瓜(からすうり)その実は冴ゆる朱の色に染まりてゆけり深まる秋に』が儀式に先んじて掲載されてしまったのです。同記事では、この歌が秋篠宮殿下への反逆で、小室圭さんに宛てた『恋文』という風に解釈できると紹介されていました」

 前出・宮内庁担当記者が困惑した顔で打ち明ける。

「『週刊新潮』の早刷りが発売日前日の24日水曜日のお昼ごろに出回り、宮内庁担当の記者たちは騒然。こういうことが起きると、『誰が漏洩させたんだ!』と記者会の中で“犯人探し”が始まります。天皇陛下や秋篠宮さまの会見内容が事前に週刊誌に掲載されたことは今までもありました。ところが、今回は、他ならぬお歌ですからね」