子供の脳から採取される若返り薬?

 ここで出てくるアドレナクロム(注:「アドレノクロム」表記が一般的なため、以降はこちらを用いる)は実在する薬品だが、Qアノン信奉者の間では「若返り薬」とされており、その原料は誘拐された子供を虐待することで脳から分泌される成分を抽出したものであると主張されている。

 しかし、アドレノクロムに若返り効果があるとする確かな論文等を筆者は確認することができなかった。美容業界ではどうかと確認すると、高須クリニック名古屋院院長で美容外科医の高須幹弥氏(高須クリニック創業者・高須克弥氏の子息)が、自身のYouTubeチャンネルでアドレノクロムの若返り効果についてよくSNSで質問されると明らかにした上で、ネットで言われる効果は「全部デタラメです」と断言していた。

 また、東京ディズニーランドの地下から子供を救出したという話も登場する。Qアノン世界観での悪役であるDSは児童性愛者・悪魔崇拝者の集団とされており、DSの悪行として子供へのさまざまな虐待が主張されている。そうしたDSに対し、光りの勢力であるトランプ大統領(すでに前大統領であるが、Qアノン信奉者の間ではバイデンは逮捕されており、実権は未だにトランプが握っているとされる)率いる米軍が、世界各地で逮捕作戦を実施しているというのだ。

 昨年末に世界的に拡散された虚報に「ドイツにある選挙関連企業のサーバーを米軍特殊部隊が押収し、その際にCIAとの銃撃戦が生じて死者が出た」というものがあるが、ディズニーランドの話はその日本版と言っていい。なお、この他にも横浜にある「こどもの国」から囚われていた子供が救出されたという主張も存在する。Qアノン的世界観では、世界の至るところにDSの秘密施設があり、そこには誘拐された子供たちが囚われているのだ。

自衛隊演習場内の地下工場を米軍が攻撃?

 さて、誘拐された子供たちの利用法の一つとされるアドレノクロムだが、斉藤県議がこの議会報告を発行する少し前の2月上旬頃、ネットの陰謀論者達の間で“新説”が話題になっていた。

 自衛隊の北富士演習場の地下に存在する富士フイルムの秘密アドレノクロム工場を米軍のUFOが攻撃し、そこに囚われていた子供たちを救出、多数のDSを逮捕したという主張だ。あまりに荒唐無稽な話だが、次のような主張がTwitterやFacebook、ブログなどで拡散が行われていた。

 何故、富士フイルムなのか? 何故、北富士演習場なのか? 何故、UFOなのか? 理解が追いついていない方も多いと思われるので、最初に答えを明示する。要は、断片的にあった事実を、飛躍した論理で結びつけたものなのだ。