カジノを含む統合型リゾート(IR)を巡る汚職事件で、収賄と組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪に問われた衆院議員、秋元司被告(49)。3月29日に東京地裁で初公判が開かれ、起訴内容を否認した。


IR担当の内閣府副大臣だった秋元被告 ©共同通信社

 社会部記者の話。

「ノーネクタイにほぼ鼻出しマスクとリラックスした格好でしたが、髪は真っ白になり、やや痩せたようにも見えました。裁判長に認否を問われると、『全ての事件について無罪であります』と政治家らしいよく通る声で述べたものの、そこから政治理念や詳細な認否を10分近くにもわたって語り始めた。さながら独演会のようで『陣中見舞いは受け取っていない』『旅費は事務所で負担すると思っていた』など、保釈後の昨年2月に開いた記者会見と中身はほぼ同じでした」

 だが会見の時と打って変わったのが、自身を守る弁護人だ。19年末に収賄容疑で逮捕されてしばらくは、河井克行元法相と同じヤメ検の名取俊也弁護士や、貞弘賢太郎弁護士が担当していた。しかし昨年8月4日、公判で虚偽の証言をするよう贈賄側に働きかけたとして支援者らが逮捕されると、名取氏らは辞任。8月6日に後任として弁護人を受任したのが、やはりヤメ検の郷原信郎弁護士だ。ところがその郷原氏も翌7日、「弁護方針の違い」を理由に辞任してしまう。

 その直後、いわば“第三の男”として就任したのが、弘中惇一郎弁護士だった。