A子さんが話す。

「私は飼っている犬の世話もあるので、夜は自分の家へ帰ることがほとんどでした。私が帰った日の夜にB子が泊まることもあったようで、私が彼のために作り置きした料理を『B子、お前のために豚汁作っておいたぞ』と自慢気に出していたこともわかりました。何も知らないB子はXのことを『料理好きでおいしい料理を作ってくれる人』と思っていたようです。

 私が買ったお揃いのガウンも、私がいない日は『B子、お揃いのガウン買ったぞ。もう洗濯もしておいたから』と着せていたことがわかりました。信じられません……」(A子さん)

元電通、年齢、クォーター、慶応卒もすべて嘘だった

 徐々に、A子さんとB子さんは“復讐”を考えるようになっていた。破局から数週間後、X氏を「元電通社員」だと思っていた2人は、B子さんの伝手をたどって現役の電通社員に写真などを見せ、X氏について知っていることを教えてほしいと頼んだ。すると返ってきたのは、またしても想像を超える返答だった。

 A子さんが語る。

「Xが私たちに話していたことは、すべて嘘だったとわかりました。名前は本名をもじった偽名で、年齢も私たちには41歳と言っていましたが本当は48歳。ブラジルクォーターというのも嘘で、実家は東北の農家。そして慶應の大学院卒ではなく実際は都内の中堅私立大学の出身。そして、電通は辞めておらず現在も在籍しているということでした」

既婚者だったX氏。妻はピラティススタジオ経営

 さらに、とどめの情報がもたらされる。X氏は「既婚者」だったのだ。

「奥さんと幼い娘が2人いました。教えてもらった本名で検索したら、とある男性ファッション誌に家族で登場していたんです。娘さんはまだ小学校に入る前の小さな子でした。B子の知り合いの電通社員に聞いたところ、赤坂の家は別宅で、代々木に家族と住んでいる本当の自宅があるそうです。そういえば私、『23時からNHKさんと打ち合わせだから代々木まで送って!』と言う彼を、NHKがある代々木まで何度も車で送り届けていました。まさか家族が待つ家に送らされていたなんて……。

妻の職場にA子さん、B子さんは乗り込んだ!

 なぜ幸せそうな家庭を持ちながら、ここまで嘘で塗り固めた婚活の真似事ができるのか。悲しみを通り越して怒りが湧いてきました。そして何よりこの事実をXの奥さんは知っているのだろうかと、私とB子は家族の存在が気になりだしました」

 男性ファッション誌にも登場していたX氏の妻は、大学時代からモデルとして活動し、現在は都内でピラティススタジオを経営している。2019年12月、A子さんとB子さんはX氏の妻のピラティススタジオ宛てに、連絡先のメールアドレスを書いて手紙を送った。

「『あなたの夫は婚活アプリでこんなことしていますよ』と、Xの悪事を妻に全てバラすつもりで長々と手紙を書きました。これを読んだ奥さんは悲しむだろうけど、夫のしたことを知る義務があるはず、と。そうしたら、しばらくして奥さんからメールで返信があったのです。そこには丁寧なあいさつと共に『ピラティスのスタジオにいらしてください』と書かれていました」(A子さん)

 肌を刺すような冷たい風が吹く2019年末のある日、A子さんとB子さんはX氏の妻に会いに行った。出迎えたのはモデルの松島花似のスレンダーな美女。促されるままにテーブルに座ると、X氏の妻はあろうことか、「不倫していることも、赤坂に別邸があることも、すでに全て知っています」と静かに語りだしたのだった。

( #2 に続く)

《連続不倫訴訟》40代電通マンを“被害女性の会”が追い詰め、ついに初公判! X氏は直撃に「同時進行の恋愛の一環」 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))