“紀州のドンファン”こと野崎幸助氏(享年77)を殺害した罪などで起訴された元妻・須藤早貴被告(25)。彼女はジャニーズのアイドルAに対し、ストーカー行為を続けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。警察はこの事実を把握し、Aからも事情を聞いている。

 野崎氏は2018年5月に急性覚醒剤中毒で亡くなったが、その約半年後、早貴被告は探偵業を営むX氏に接触。「Aくんの大ファンなので、自宅が知りたいです」と調査を依頼したという。


夫の死後、田辺市に戻った須藤早貴被告 ©共同通信社

 X氏の知人が語る。

「X氏はAを尾行するなどして、自宅マンションを割り出しました。さらに空き部屋があることが分かったため、X氏の名義で部屋を借り、早貴がそこに引っ越したのです」

 捜査関係者は次のように打ち明ける。

「実は早貴の逮捕後、警察はAに対するストーカー行為について捜査の過程で知り、被害者であるAを事情聴取しています。彼は捜査に対し、『(早貴と)接点はなかった』と主張しましたが、改めて被害状況を知り、恐怖に怯えていました」

 当事者であるX氏を電話で直撃すると、次のように答えた。

――早貴さんがAさんをストーカーしていたという情報がある。

「基本的には暇つぶしじゃないですかね。孤独に対する和みとか、そういうところじゃないですか。もちろん、どんな子だって好きな芸能人とかいると思うんですよ。現実逃避というのもあったんじゃないですかね。どこ行ったって『人殺し、人殺し』と言われるんだから」

 ジャニーズ事務所に事実関係を確認すると、「所属タレントが関係するか否かに関わらず、司法当局が既に捜査・関与している事案に関しては回答を差し控えさせていただきます」と回答した。

 6月2日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び「週刊文春」6月3日(木)発売号では、早貴被告の“逃亡生活”の様子や、X氏に依頼した具体的な調査内容、Aに対するストーカー行為の詳細などについて報じる。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年6月10日号)