〈米の司法試験受験終了 ニューヨークで就職へ〉

 7月30日の午後2時過ぎ。NHKがスクープした小室圭さん(29)の最新情報に宮内記者は騒然となった。

実は就職はまだ確定的ではない

 小室さんは7月27、28日に米ニューヨーク州の司法試験を受験。結果は12月までに出る予定。フォーダム大卒業生の合格率は例年90%ほど。小室さんも合格する可能性が高そうだ。通常、米国では合否の結果を待つことなく就職するため、小室さんがそうしても不思議ではない。


小室圭さん

 ただ、就職に関する各社の後追い記事は、内容が深まるどころかトーンダウン。初報の「ニューヨーク州の法律事務所への就職の見通しも立った」(NHK)が一番踏み込んでおり、「同州での就職を考えている」(朝日)、「就職する方向で調整」(読売)など、後発記事の方が奥歯にモノがはさまったような物言いだ。

「実は、就職がまだ確定的ではないのです。厳密には、就職先候補と“前向きな話し合いをしている”という段階のようです。コロナの影響で、外国人の就職はただでさえ厳しいこともあり、条件面も詰まっていない。不確定要素があるため各社、報じ方に苦慮し、抑えたトーンで後追いした格好です」(宮内記者)

眞子さまとともにアメリカで生きていく?

 小室さんの留学中の生活費は、日本で勤務していた奥野総合法律事務所が貸与していた。そのため、米国で資格取得後は、同事務所に戻ってきて働くと当初は見られていた。

「小室さんは日本の弁護士資格を持っていないため、日本で外国法事務弁護士として登録するには最低でも1年間はNY州で弁護士活動をする必要がある。そのため、小室さんはロースクール修了後も現地に1年、残ると見られていました。でも今回の報道は意味が違う。生活の基盤そのものを米国に移し、眞子さまとともに米国で生きていくつもりのようなのです」(同前)