明かりはハッキリと見え始めている。

 25日の会見での菅首相の言葉です。自分の任期(自民党総裁)がもう少しで終わることを言ってる自虐ネタかと思いきや、そうではなかった。

『首相「明かりはハッキリ見え始めた」…ワクチンはデルタ株にも有効と強調』(読売新聞オンライン8月25日)

 という意味でした。一方で読売新聞にはこんな記事も。

『高齢者感染 再び増加 デルタ株影響か ワクチン接種8割でも』(読売新聞8月29日)

 明かりが見えるどころか予断を許さない状況であることがわかる。


「明かりがハッキリ見え始めた」菅義偉首相 ©文藝春秋

 ハッキリと見えてきたのは自民党総裁選の日程です。9月29日に決まった。コロナ禍で権力闘争? とも思うが、自公政権が続く場合「次のコロナ対応をする人を決める選挙」なら注目せざるを得なくなる。

総裁選は「おいしい興行」

 常々思うのですが、総裁選は自民党のPRイベントと考えたほうがいい。あの「興行」をやることでメディアは時間をさいてくれ、候補者たちは各テレビ局をまわる。これ以上ない宣伝機会となる。

 総裁選がいかにおいしい興行かと言えば、小泉純一郎が「自民党をぶっ壊す」と叫んで喝さいを浴びた当時を思い出してほしい。あのあと自民党はぶっ壊れるどころか安泰となった。自民党の興行にまんまと夢中にさせられたことを熱狂のあとに少なくない人々が気づいた。議論が盛り上がり、対決ムードとなったことでガス抜きができたのだ。やってる感を出せた。

 しかし近年はそんなおいしい興行を自民党が使いこなしていないのが気になる。