菅首相、総裁選不出馬。

 金曜昼(9月3日)にこのニュースが流れましたが、それまでの菅さんの動きも凄かったのです。ちょっと感動するぐらいのレベルでした。振り返ってみます。


©文藝春秋

 まず、これまでフニャフニャして勝負弱かった岸田文雄さんが「(総裁になったら)二階幹事長を再任しない」という先制パンチを放ちました。すると党内や世論に予想以上にウケて菅さんはいきなりぐらついた。岸田さんもうっかり当たって驚いていた様子。

岸田案をパクって争点潰しに成功

 しかしここで負けるような菅氏ではない。すぐさま岸田案をパクって「二階外し」を決断し、争点潰しに成功。そのあと下村博文を呼びつけて出馬断念に追い込み、仕上げは総裁選を先送りして9月中に解散という「意向」を放つ。その夜、毎日新聞がWEBで速報を出した。

『首相、9月中旬解散意向 党役員人事・内閣改造後』(8月31日22:26)

《複数の政権幹部が31日、明らかにした。》

 コロナ対応ではボンヤリしていた菅さんですが権力闘争となったらがぜん動きが素早くなったのだ。さすが喧嘩師です。※参考『喧嘩の流儀 菅義偉、知られざる履歴書』(読売新聞政治部、新潮社)。

 しかし政局に感心してる場合ではない。驚く記事を見つけてしまった。

『アフガン邦人退避 わずか1人 「空前の作戦」空回り』(山梨日日新聞8月29日)

 注目は次のくだり。

 与党から「現地職員は退避させなくていいのか」との意見が相次いだが、

《菅義偉首相は「ほとんど関心がなかった」(政府関係者)》

 驚きました。これが日本のリーダーの姿だったのです。