2021年は日本の将来にとって重要な年となる。大学センター試験が廃止され、代わりに導入される入試制度はマークシート式の知識だけでなく、記述と思考を求めるものが中心となる。旧来の教育を受けた世代にとっては厳しい時代に、生き残りをかけてすべきことは何か。佐藤優氏からの実践的提案。 (出典:文藝春秋オピニオン 2018年の論点100)

「学習指導要領の改訂」を楽観視するのは間違い

 2020年というと、東京五輪・パラリンピックのことばかりが話題になるが、日本の社会と国家の将来について考えると、もっと重要な出来事がある。文部科学省による小中高校における教育の基準になる学習指導要領の改訂だ。

 小学校は20年度、中学校は21年度、高校は22年度と段階的に導入される。過去に何度も学習指導要領は改訂されたが、大きな変化がなかったため、2020年におきる変化を、「前から文科省が言っているアクティブ・ラーニング(教わる側が積極的に参加する形の授業)と実用英語の重視くらいだろう。かけ声だけで、たいしたことはない」と楽観視しているようだ。しかし、それは間違いだ。


マークシート式の大学センター試験が廃止となる ©共同通信社

 日本の教育は、大学入試制度が変わるときに大きく変化する。2020年には大学センター試験が廃止され、「大学入学共通テスト」が始まる。新しい試験には、マークシート式の問題に記述式が加わり、さらに英語では「読む・聞く」に「話す・書く」を加えた4つの技能が試験される。英語では、英検、TOEIC、TOEFLなどの民間試験が導入される。数学でも記述式問題が出題され、国語でも小論文を書く力が求められる。

 現在の大学入試は1979年に共通一次試験(大学センター試験の前身)の導入によって作られた形である。その結果、マークシート式の試験が普及した。この方式だと受験者が正確な知識をもっているか否かについては判断できるが、思考の過程を検証することができない。また、記述能力が低下する。

 これでは思考力や表現力を児童、生徒が主体的に育むことができないので、グローバリゼーションが急速に進み、変化が激しい社会状況に対応できなくなる。そのため、今回の大学入試改革と学習指導要領改訂が行われるのだ。この方向性は正しい。

現在の教育は1979年製のプロペラ機


現在導入されている英語のICコーダー ©共同通信社

 たとえで言うならば、現在の教育は、1979年製のプロペラ機のようなものだ。

 1940年7月に運用が開始され、45年の敗戦まで使用された旧海軍の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)は、11型、21型、22型、32型、52型、53型、54型とマイナーチェンジを繰り返して、米軍戦闘機の能力向上に対応しようとしたが、太平洋戦争の後半は劣勢に追い込まれた。

 現在の日本の教育もこれに似ている。自己推薦入試や大学が特別の基準でユニークな人材を確保するAO入試なども行われているが、多様な学生を確保することで、学生の能力を多面的に発展させるという目的は達成されていない。附属高校からの内部進学、推薦入学、AO入試で合格した学生の学力が、ごく一部の例外を除けば、一般入試で合格した者よりも低く、大学教育の混乱要因になっている。