若い世代はこの流れに敏感で、男性もどんどん美容を取り入れています。

 実際に、うちの結婚相談所でもジムに通う男性は激増していますし、昔なら全くいなかった「エステに毎月通う男性」も少しずつ増えています。

 昔はいくら注意しても「これが自分なので」とかたくなに見た目を変えない婚活男女が多くいらっしゃいました。そういう方に限って「美男美女が申し込みを受けてくれない」とスタッフに怒るので、フォローしていて大変なこともありました。

 しかし、最近は皆さん、服装や髪型についてアドバイスするとすぐに変えてくださることが多いです。苦戦してから婚活用のスーツや洋服を買いに行ったり、苦戦してから美容院に出かけたりするのではなく、最初からちゃんとした服装と髪型でお見合い写真を撮って下さる方が増えているのです。見た目の大事さを分かっている人がどんどん増えてきている、そんな印象も受けます。

 結婚するにあたって、大事なのはもちろん中身です。それに異を唱える人はまずいないでしょう。

 しかし、目の前に2つの箱があったとします。

 1つは綺麗にラッピングされた、素敵なものが入っていそうな箱。もう1つは、埃まみれでボロボロの段ボール箱。どちらが中身を見たくなるでしょうか。

 後者だと、そもそも箱を開けてもらえない、まず中身を見ようと思ってもらえないことすらあると思います。

 さらに、同じ中身が入っていたとしても、綺麗な箱に入っている方がやっぱりよく見える。

 大人しく控え目な人がいた時に、見た目に気を使っていれば「謙虚」「優しい」「穏やか」と言われます、しかし、見た目に気を使っていないと「暗い」と切られて終わってしまう。

 趣味ひとつとってもそうです。例えばアニメキャラのフィギュアを集める趣味があったとしても、イケメンなら「ギャップが面白い」、清潔感のない男性なら「キモい」と言われてしまう。

「じゃあ、ブサイクに生まれたらもう打つ手がないじゃないか!」と思われるかもしれませんが、意外とそうでもないのです。

外見が重視される傾向はますます強まる

 30歳を過ぎたら、皆さん体がたるんできます。毎日10分筋トレをするだけでも体のラインは違ってきますし、今まで本当に何もしていない男性なら、しっかり日焼け止めを塗ってスキンケアをするだけでもかなりお肌は綺麗になります。元気があれば千円くらいのファンデーションやBBクリームをお顔に塗ってみてください。若返った自分の顔にびっくりするかもしれません。

 今まで何となくメイクをしていた女性も、一度ちゃんとプロに習ってみましょう。たった1日で、突然垢抜けた美女になる人もたくさんいらっしゃいます。

 眉カットやパーソナルカラー診断やスタイリストの買い物同行など、昔と違って、世の中にはたった1日で外見をガラッと変えられるハウツーが溢れています。いい時代になったものです。

 外見が重視される傾向は、今後もますます強まるのではないかと思われます。

 でも「じゃあ、生まれつき見た目がいいわけじゃない自分はダメだ……」なんて思わないでくださいね。

 ちょっと頑張るだけで、見違えるように変わる人は本当にたくさんいますから。

(結婚物語。仲人T/Webオリジナル(特集班))