「樹に申し訳なかった」

 冒頭の発言は、当時田中がA子さんに言い放ったものだ。田中が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、それから約4年後のこと。田中は「樹に申し訳なかった。あいつには絶対迷惑をかけちゃ駄目だ」と弟への想いを吐露していたという。

「逮捕後は実家で暮らし、YouTubeの配信で月50万円は稼いでいた。でも、ある時期を境に人が変わったようになってしまった」(前出・A子さん)

 田中の生活が暗転したのは、コロナ禍でライブ活動が中止になった20年夏頃のことだった。

「自慰行為をしている自撮り動画を連日送りつけてくるようになり、そのうち彼は〈自粛期間で家から出れないから家で改良します〉とLINEで宣言。それから肛門にバイブを突っ込む“新作”が続々と届くようになった。自身の“病み”を和らげる自傷行為だったのかもしれない」(同前)

 奇行の果てに行き着いたのは、薄暗い塀の中だった。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年3月10日号)