《懲役7年》「私の下着を脱がして少女から誘ってきた」女子小学生性暴力事件 50代社長の“反論”は罷り通るのか? から続く

 文春オンラインが2021年6月3日に報じた、大阪府郊外の町で金属部品加工の工場を営むヤマモトシュウジ被告(50代・仮名)が、愛人の娘に対して「強制わいせつ」「強制性交」を犯した罪に問われていた事件。

 その後、今年1月に大阪地方裁判所某支部で懲役7年の実刑判決がくだったことがわかった。ヤマモト被告は控訴したが、大阪高裁は9月6日、被告の控訴を棄却した。裁判長が15分にわたり判決文を読み上げるなか、ヤマモト被告は前を向き目をパチパチとさせ、ときおり両手で頭を抱えこむ仕草を見せた――。

※この裁判では被告人名から被害者が特定される可能性があるため、被害者を保護する観点から「被告人名秘匿」の措置がとられています。本稿でも被害児童の特定を避けるため被告を匿名で報じます。

  ◆◆◆

当時小学校3年生だったB子ちゃんにわいせつ行為

 文春オンラインでは、これまで大阪地方裁判所某支部で行われてきた第一審の様子を報じてきたが、公判で明らかになったヤマモト被告の手口は極めて悪質だった( #1 、 #2 、 #3 参照)。


ヤマモト被告

「既婚者のヤマモト被告は、長年、自身が経営する工場の事務をしていた未亡人のA子さん(40代)を愛人として囲いながら、A子さんの目が届かないところで当時小学校3年生だったB子ちゃんに対してわいせつ行為をし、その後、数年間にわたり繰り返していたのです。

 逮捕直前の2019年夏には、最低でも2〜3週間に1回のペースで行為が行われていたことが捜査の結果わかっています。強制的な口淫や性器へ指を入れるなどするだけでなく、本番行為を強引に行おうとしたこともありました。B子ちゃんは性病にも感染しました。

 また、ヤマモト被告はA子さん、B子ちゃんだけでなく、これまでに社員で未成年だったD子さんやシングルマザーのE子さんなど、弱い立場の女性社員に肉体関係を迫り、脅迫まがいなことをしてきた過去も明らかになっています」(捜査関係者)