9月25日にさいたまスーパーアリーナで行われた格闘技イベント「超RIZIN」。フロイド・メイウェザー(45)と朝倉未来(30)の対戦が開催前から大きな話題を呼んでいた。試合の結果はメイウェザーのTKO勝ち。だがこの日、両者の対戦以上に世間の注目を集める“事件”が起こった。

 試合前の花束贈呈式で、プレゼンターを務めた「ごぼうの党」代表の奥野卓志氏(48)がメイウェザーに花束を渡さずにリング上に投げ捨てたのだ。その後、奥野氏はスポーツ紙の取材に「非礼には非礼で返しただけ」と語ったが、ネット上は「日本の恥」「謝罪しろ」などと大炎上している。


花束をリング状に投げ捨てた奥野卓志氏(「ごぼうの党」公式HPより)

 現在、日本中から批判を浴びている奥野氏とは何者なのか。今年7月に行われた参院選期間中、奥野氏は小誌の取材に応じていた。

山Pは意味深な“ごぼうの写真”をアップ

 奥野氏が代表を務める「ごぼうの党」は、参政党などと並び、参院選で注目された新興勢力だった。

 注目された理由の1つが、多くの著名人の賛同を集めたこと。

「6月8日に俳優の山田孝之や山下智久、人気バンド、ONE OK ROCKのボーカル・Taka、人気ユーチューバーのヒカルらがごぼうの党への賛同を示唆する文面をSNSに投稿したのです。朝倉未来もアドバイザーに就任していました」(芸能デスク)

 山下智久は自身のTwitterに「ごぼうがいい味出すんだよね」などと、ごぼうの写真をアップしていた。