この事業に邁進するため、坪内さんは2011年に任意会社「萩大島船団丸」代表に就任。この時、わずか24歳。14年には株式会社化して仕事に打ち込んできたのだが、その航海はいつも荒波ばかりだったよう。

 そもそも萩大島に乗り込んだ直後から、波乱含みである。れっきとした仕事なのだからと、坪内さんはスーツにピンヒールで気合を入れたつもりだったが、漁師たちには「やる気あるのか」「そんなカッコでどう魚を触るんだ」と大不評。これは坪内さんが誤りを認め、すぐ大量にジャージを発注した。

 これまでにない流通経路を開く話だから、旧態依然の漁業界からは大顰蹙を買うどころか、目の敵にされて、当初まったく協力を得られなかった。

 ともに歩むべき漁師たちも、最初は不信感たっぷり。船から降りれば仕事は終わりだった漁師たちに、魚の下処理や事務作業、お客様対応までさせるのだから、軋轢が生じるのは当然だ。伝票ひとつ満足に書けない漁師と坪内さんは、日々ぶつかり合った。

「なんだあの小娘は。男どもはみんな騙されとる!」

 島の小さいコミュニティによそ者が入り込んだのだから、「なんだあの小娘は。男どもはみんな騙されとる!」とさんざん怒りを買った。

 ほうぼうでトラブルが続出する日々。それでも坪内さんはめげずに漁師と話し合い、全国を営業して回り受注先を開拓し、組織を整備し、「船団丸」ブランドの事業を切り盛りし拡大させていった。

 2021年からは加工事業も本格化させ、化学調味料や保存料不使用の製品が大好評。同手法で野菜を扱う組織も含めて、現在は北海道から九州まで12の拠点が稼働するまでになっている。

 波瀾万丈の経緯は、坪内さんをモデルとしたテレビドラマと、その原作となった坪内さんの新著で、さらに詳しく描写されていくこととなるが、ざっと振り返っただけでも「これだけ降りかかる難題を、よくぞ続々と乗り切ってきたもの……」と驚いてしまう。

 突き進む原動力はいったいどこに? 坪内知佳さんご本人に問えば、

坪内 人が好きで誰かに喜んでもらえれば単純に嬉しくなっちゃう。だから基本的には、周りの人がより豊かな気分で笑っていられる方向を目指してきただけです。

 と、あっさりしたもの。