〈 《タカラジェンヌ飛び降り事件》「間違った本人が悪いんです」“内部音声入手”有愛きい(25)の死後“宝塚で生まれた温度差の正体”「調査は1人30分で」《劇団と遺族側が記者会見》 〉から続く

 宝塚歌劇団・宙組に所属する劇団員(享年25)が自死した事件をめぐり、11月14日、劇団側は記者会見を開き、外部の弁護士による調査チームの報告書を読み上げ、「いじめやハラスメントは確認できなかった」などと発表した。しかしその直後、遺族側の代理人弁護士も記者会見を開き、「(ハラスメントについては)劇団側は事実関係を再度検証し直すべき」と反論。両者の主張は真っ向から食い違っている。

 宝塚で何があったのか。「 週刊文春 」がこれまでに報じてきた記事のスクープ速報を再公開する(初出:2023年11月1日/年齢・肩書きは当時のまま)。

◆◆◆

 9月30日午前7時ごろ、兵庫県宝塚市のマンションに住む宝塚歌劇団宙組の劇団員・有愛きい(25)が、マンション敷地内で死亡しているのが見つかった事件。

「週刊文春」は有愛が亡くなる前日の29日、母親に〈精神的に崩壊している……〉といった趣旨のメッセージを送っていたこと( #2 )、さらに28日には、有愛は同じ宙組の上級生から「集団リンチのような目にあっていた」(宙組の生徒)こと( #3 )などを報じてきた。

 今回取材班は新たに、宙組のグループLINEに送られてきたメッセージを入手。そこには事件が起きたあとも変わらぬ、宝塚歌劇団の厳しい上下関係によるいびつな支配構造が見え隠れしていた。

◆◆◆

〈これ誰かわかったらあげてきてほしい〉下級生に注意喚起を促すLINE

 有愛の死を受け、劇団は当初、10月22日まで宙組公演を休演し、その期間中に第三者の弁護士による調査の完了を目指すとしていたが、後に調査期間の延期を発表した。宙組の退団希望者は既に組の半数近くの30人以上に上っているという。

 混乱が続いているが、一方で劇団の体質そのものは変わっていないようだ。取材班が入手したのは、10月下旬に花組に所属する有愛の一期上の男役・太凰旬に関して、下級生に注意喚起を促すLINEだった。

〈昨日電車で下級生と会って その人は太凰さんの事を下級生だと思ったのか、挨拶しなくて眠り続け、その後(阪急宝塚本線の)清荒神駅で降りる時 ドカドカ前を歩き、からの自転車の太凰さんとすれ違った時に、マスク外してて、太凰さんに気づいてヤベって顔をして挨拶もせず姿を消したとのこと〉


中止になった宙組公演(劇団公式HPより)

 さらに、次のように追及を強める。

〈気づかないのは百歩譲って許すけど そのあと気付いたのなら申し訳ないという気持ちを込めてしっかり挨拶するように〉

 最後は犯人探しをする内容で締められている。

〈これ誰かわかったらあげてきてほしい〉