〈 「宝塚のドン」阪急阪神HDの角会長がタカラジェンヌ転落死当日、ゴルフに興じていた!「週刊文春」質問状の直後に辞任報道。関係者は「今の今まで隠蔽…」 〉から続く

 9月30日午前7時ごろ、兵庫県宝塚市のマンションに住む宝塚歌劇団宙組の劇団員・有愛きい(享年25)が、マンション敷地内で死亡しているのが見つかった事件。

 劇団は11月14日に弁護士による調査報告書を公表。有愛が上級生から叱責を受けていたという事実は認めたが、「社会通念上、不相当とはいえない」と結論づけ、有愛の遺族が訴える「上級生からのパワーハラスメントは認められなかった」とした。


11月14日、宝塚歌劇団の会見 ©文藝春秋

宙組2番手スターがヒアリングを行い劇団に「意見書」を提出

 この点に関しては、同日午後5時から遺族側弁護士が会見を開き、「調査委員会に提出した、本人のLINE等重要な証拠を無視している」と反論した。

「やけどさされた」「ちゃいろになってる」転落死したタカラジェンヌの“悲痛LINE”を無視した“宝塚報告書”3つの問題点 現役宙組生は「私の訴えはもみ消された」

 今回、新たに「 週刊文春 」の取材で、有愛の死の数日後、宙組のタカラジェンヌが立ち上がっていたことがわかった。宙組関係者が明かす。

「事態を重く見た宙組2番手スターの桜木みなとが副組長の秋奈るいらと共に、下級生も含めた半数以上の生徒へのヒアリングを実施したのです」

 そして、先日の会見の前の11月上旬、ヒアリング結果をまとめた「意見書」を作成し、劇団に提出。労働環境とパワハラの是正を求めたのだという。