〈 「公演中止派の組長がパニックで泣き崩れ…」宝塚歌劇団・赤ら顔の演出家が上級生と“不謹慎”飲み会のモラルハザード《タカラジェンヌ飛び降り事件真相追及》 〉から続く

 9月30日午前7時ごろ、兵庫県宝塚市のマンションに住む宝塚歌劇団宙組の劇団員・有愛きい(25)が、マンション敷地内で死亡しているのが見つかった事件。

 劇団は11月14日に弁護士による調査報告書を公表。有愛が上級生から叱責を受けていたという事実は認めたが、「社会通念上、不相当とはいえない」と結論づけ、有愛の遺族が訴える「上級生からのパワーハラスメント」は認められなかった。

「やけどさされた」「ちゃいろになってる」転落死したタカラジェンヌの“悲痛LINE”を無視した“宝塚報告書”3つの問題点 現役宙組生は「私の訴えはもみ消された」


11月14日の宝塚歌劇団の会見 ©文藝春秋

  一方、12月5日には宙組の東京公演全日程を中止すると発表。同日、12月1日から開始された雪組公演で「事件」が起きていたことが 週刊文春 の取材でわかった。劇団も小誌の質問に事実関係を認めた。

◆◆◆

雪組の公演が途中で45分間中断

 12月1日、宝塚大劇場で雪組公演が始まった。初日の終演後、トップスターの彩風咲奈は声を詰まらせながら「千秋楽まで元気に駆け抜けて参りたいと思います」と決意を語った。

 だが、彼女は心身ともに限界を迎えていた。12月5日、公演開始から70分後、突然緞帳が降り、45分間も中断された。舞台裏で一体何が起きていたのか。

「彩風さんが過呼吸に陥ったのです。多くの雪組生が有愛さんの死と劇団の不誠実な対応に深く傷ついている。心と身体に鞭を打って舞台に立ち続けているのです」(雪組関係者)