河野太郎外相 ©文藝春秋

 立憲民主党の枝野幸男代表の一人芝居で揺れ動いているのが、河野太郎外相(56)の処遇だ。8月28日のラジオ番組で、日韓問題をめぐり、枝野氏は「上から目線の河野外相の対応で韓国を追い込んだ。外相を代えるしかない」と断じた。各社は「枝野氏が河野外相の辞任要求」と報道。だが30日の会見では「辞任しろとは言ってない」と前言撤回。高まる嫌韓世論に脅えての豹変にも見えた。

 そもそも、9月の内閣改造での外相交代は既定路線だった。河野氏に派閥を継がせたい麻生太郎副総理も交代を求めている。「下働きで汗をかかない」と派内で不評の河野氏を、麻生氏は派閥活動に専念させたい意向だという。

 このため次期外相レースは、早くから、2人の男を軸に過熱化してきた。

 一人は茂木敏充経済再生相。ここ数年、外相就任が取り沙汰されてきたが、「実は去年、安倍晋三首相から『次は外相。今は再生相を続けて欲しい』との手形を切られたという『定説』が永田町で流れている」(政治部デスク)。米国との通商交渉をまとめあげて外相に就任すれば、今後首相への道も開けると茂木氏は考えているようだが、「密約説はあくまで茂木氏側が語る『定説』。これを伝え聞いた首相は『茂木さんは勘違いしている』と苦笑したそうです」(同前)。