英語も堪能、ゴルフもシングルプレイヤーだとか ©共同通信社

 茂木敏充外相(64)が「ご機嫌だ」と評判だ。「将来の首相」を狙う茂木氏がステップアップのためにここ数年望んでいた外相ポストを射止めたことが大きい。9月のニューヨークでの国連総会に合わせた外交では、出身の読売新聞から「上々デビュー」「早くも存在感」と褒めちぎられた。

 NYでは外務省担当に加え、安倍晋三首相に同行した旧知の記者も集めて懇談会を開き、自らが経済再生相としてまとめ上げた日米貿易交渉の成果を誇った。政治部デスクが言う。

「懇談は3時間超。持ち上げてくれる記者に囲まれご満悦だったようだ」

 能力は抜群だが、人望がない――。こうした評価が定着していた茂木氏。官僚を怒鳴り上げるパワハラの逸話は枚挙に暇がなかったが、「『首相への道』が見えてきたためか、最近は怒鳴ることも少なくなった」(某省幹部)という。

 外相として意識しているのは、同様に将来の首相候補と目される前任の河野太郎防衛相(56)。新旧外相の交代式では、2年余りで延べ123カ国・地域を訪問した河野氏の面前で「野球で言うと王選手のホームラン記録。乗り越えるのは無理だ」と持ち上げつつも、「私は記憶に残る外交を作っていきたい」と「我は長嶋」と言わんばかりにライバル心をむき出しにした。

 記者会見でも「脱河野」を図る。河野氏は欧米の記者には英語で即答。日本人記者には「外務省担当は英語ぐらいできないと」と言い放っていたが、茂木氏は英語が堪能であるにも関わらず、日本語で応じる。

 要人との会談の冒頭撮影でも英語でやりとりしていた河野氏に対し、茂木氏は通訳を入れて日本語で対応。外務省関係者は「英語だと日本語訳がマスコミ各社でバラバラになる。政府の統一見解を示すには双方が母国語でやるべき。外交上は茂木さんのやり方が本来の姿だ」と話す。