東京五輪イヤーの幕が開いたが、小池百合子東京都知事(67)が精力的だ。「最近の小池知事はどんな団体の会合にも必ず出席する。スケジュールがきつくてもあいさつ回りを欠かさない」(都政担当記者)。視線の先はもちろん、今年7月5日投開票の知事選。まさに「再選ファースト」だ。

 連合、創価学会など集票が見込める組織の要望はすべて聞き入れる構え。その甲斐あってか、公明党の山口那津男代表は1月2日、新宿で行った街頭演説で知事選に触れ、「都政が継続性をもって、都民第一で進んでいくようにしなければならない」と強調、小池氏支持をにじませた。

 小池氏は自民党にも布石を打つ。昨年のクリスマスイブに、かねてから昵懇(じつこん)の二階俊博幹事長を党本部に訪問。記者団から「二階幹事長からどういう話があったのか」と問われ、「東京としてよくやってくれてるね、と励ましを頂いた」と披露。一方の二階氏も常々「(小池氏に勝てる候補は)いない。当たり前じゃないか」と漏らしている。「わざわざイブに会いに行くことで、蜜月関係を強調した」(政治部記者)との見方がもっぱらだ。

 ちょうど同じ頃、都内各地に自動音声の電話が鳴り響いた。「都知事には誰を選びますか」。選択肢は小池氏、丸川珠代元環境相、れいわ新選組の山本太郎代表。小池氏と対決姿勢を取る自民党都連の一部には丸川氏擁立論がくすぶり、山本氏は都知事選について「選択肢として排除しない」と色気をみせている。