「捨てて!」

 学歴詐称疑惑をはじめとする、小池百合子都知事(67)の虚飾に塗れた半生を描いた『 女帝 小池百合子 』(石井妙子著)。「買いました」と告げた知人に対し、小池氏はこう吐き捨てた――。

◆◆◆

 6月12日の都知事選出馬会見に出席したフリーランスライターの畠山理仁氏が言う。

「私が『卒業証書を提示するのか』と質問すると、知事は『一部メディアで公表している』といつもの返答。そこで追加質問をしようとすると、知事自身に『お1人1問でお願いします』と笑って遮られたのです」

 だが他の記者は2問、3問と質問を重ねている。不都合な問いは封殺する。それは前回都知事選で、がんサバイバーの対立候補・鳥越俊太郎氏を「病み上がりの人」と侮辱しながら、討論会で本人に追及されると「言ってませんね」と平然と言い放った姿と同じだ。


小池百合子氏

舛添要一氏は「ずっと彼女に騙されていた」

 学歴詐称問題に動きがあったのは6月8日。カイロ大学が突如、在日エジプト大使館経由で「小池氏は1976年10月にカイロ大を卒業した」と声明を出した。

 なぜ小池氏が出馬表明する直前にカイロ大学が声明を出したのか。元在日エジプト大使館職員は、「カイロ大にとって、小池さんは宣伝塔ですから」と語る。

 実は小池氏は都知事就任後も、カイロ大学と深いつながりを持っている。同大HPによれば、2016年に〈小池氏はカイロ大学の日本語弁論大会をサポート〉し、17年には〈カイロ大学文学部内に「日本研究センター」を設立する議論に関わった〉という。

 前東京都知事の舛添要一氏は、「声明が逆に疑惑を深めた」と断ずる。

「私はパリ大学とジュネーブ大学に籍を置いたが、大学が声明まで出して追認することはない。出すなら当時の成績などのデータだ。データ抜きなら政治的都合で何とでも言える」

 また舛添氏は、長年、小池氏に騙されていたと憤る。

「私は昔、竹村健一さんから小池さんを『カイロ大学首席卒業の才媛だ』と紹介された。例えば仏語が母語でない人間が、パリ大学を首席で卒業などあり得ない。だから純粋に『小池さん凄いですね』と本人に聞いたら、彼女は笑って『学生が1人だったから』というので、外国人専用の特別な学科があったのかと思った。この40年間、ずっと彼女に騙されていた」